ラゼックとは?視力回復に本当に効果あり?金額は?

ラゼックとは?視力回復に本当に効果あり?金額は?

今回はラゼックとはどのような眼科治療なのか、視力回復効果や治療に必要な金額などをご紹介していきます。

さまざまな視力回復効果のある治療の中でこの治療を受けるメリットについてもまとめてみました。「低下した視力を回復させたい!」「裸眼で生活できるようになりたい!」という方は、ぜひこちらの記事を参考にしてみてください。

目次

ラゼックってどんな治療?

ラゼックってどんな治療?

現在、ICLが有名な視力回復に効果的な眼科治療として注目を集めています。治療による眼疾患や後遺症などのリスクが少なく、視力回復に高い効果があるので、すでに治療を受けた方やこれから検討している方も多いでしょう。

しかし、視力回復に効果的な治療法として「ラゼック」も注目されているようです。ここでは、どのような治療法なのか、どのような効果があるのかについてまとめてみました。

ラゼックの治療法

ラゼックはレーシックと同じ「屈折矯正手術」と呼ばれる眼科治療です。しかし、それぞれでは治療法に大きな違いがあります。まず視力回復で有名なレーシックの場合、フラップと呼ばれる角膜の蓋を作り、レーザーを照射してフラップで蓋をするといった治療法になります。

次にラゼックですが、まず角膜の表面を薄くめくります。その後、レーザーを照射してめくった角膜上皮を元に戻し、保護用のレンズを装着するといった治療法になります。フラップの作成には角膜にある程度の厚みが必要なので、人によってはレーシック手術を受けることができません。

しかし、ラゼックなら角膜が薄くレーシック手術を受けられない方でも治療が可能です。これまで角膜の厚みが原因で低下した視力を改善できなかった方でも、視力回復を望める画期的な眼科治療だと言えるでしょう。

角膜の強度を保ったまま視力が回復する

ラゼックはフラップの作成が不要なので、角膜の強度を下げることなく視力を回復することができます。角膜に強度は低下すると角膜が飛び出す「角膜拡張症」、再び視力が低下する「近視・遠視戻り」など、このような眼疾患を引き起こす可能性が高くなります。

しかし、角膜の強度を保ったまま視力回復が望めるラゼックなら、低リスクで安心・安全な視力回復が期待できると言えるでしょう。ちなみに、実際に治療を受けた患者さんの多くは、治療後も正常かつ快適な視力を保っているという意見が多かったです。

「本当に効果があるの?」「安全性は大丈夫?」このような不安から視力回復の治療に抵抗がある方でもラゼックならおすすめできる眼科治療なので、視力の低下に悩む方はぜひ治療を検討してみてはいかがでしょうか?

短時間の手術で日帰りが可能

手術にかかる時間は約15~20分と短時間で行うことができますし、術後の診察で特に問題がなければそのまま帰宅することが可能です。そのため、仕事で忙しい方でも受けやすい視力回復の治療法だと言えるでしょう。

しかし、術後は定期的な診察が必要になるので、スケジュールの調整は必要になります。定期健診は安全のために必要な診察となるので、必ず受診するようにしましょう。また、日帰りは可能ですが術後の生活にはいくつかの規制があるので、医師の指示に従うことが大切です。

治療に必要な金額はいくら?

治療に必要な金額は治療を受ける眼科クリニックによって異なるため、約16万円~30万円が相場となっているようです。受診するクリニックによっては高額な金額が必要になりますが、眼疾患や後遺症のリスクが少なく安全な視力回復を求める方にはおすすめの治療法だと言えるでしょう。

ちなみに、視力回復で有名な「品川近視クリニック」なら、約16万円の金額(両目)で治療を受けることができます。低費用で安全な視力回復の治療が受けられますし、3年間の保証制度も付いているのも魅力の1つです。

また、サポート会員に入会することでより充実したアフターケアを受けられるので、少ない金額で安心して受けたい方は、品川近視クリニックを受診してみてはいかがでしょうか?

治療を受けるメリット・デメリット

治療を受けるメリット・デメリット

これまでの内容から、「ラゼック」がどのような眼科治療なのかについておわかりいただけたと思います。角膜の強度を保ちつつ視力回復にも効果的ですし、従来の視力回復治療を受けられなかった方にもおすすめであることがわかりました。

そんなラゼックには他にもいくつかのメリットがありますし、デメリットもあります。ここでは、治療を受けるメリット・デメリットについてまとめてみました。

治療を受ける2つのメリット

ラゼック手術には以下のようなメリットがあります。

  • レーシック手術が受けられない人でも手術が可能
  • 激しいスポーツをする人に適している

この眼科治療はフラップの作成が不要なので、角膜が薄くレーシック手術を受けられない方でも視力を回復させられる治療法です。過去にレーシック手術を希望して受けられなかった方でも、ラゼック手術を受けることで快適な視力を手に入れることができるでしょう。

また、角膜の強度を下げないこの眼科治療は、顔に衝撃を受ける可能性のある激しいスポーツをされる方に最適の治療法であることもメリットの1つです。目元に打撃を受ける可能性のある格闘技や顔全体に強い衝撃が加わるラグビーなどをされる方で視力回復を望むのであれば、ぜひラゼック手術を受けて最高のプレーができる視力を手に入れてみてはいかがでしょうか?

治療を受ける2つのデメリット

どんなものにもメリットがあれば当然デメリットも存在するものです。

  • 手術を受けて約3日間は痛みを伴う
  • 正常な視力を取り戻すまでに約1週間はかかる

ラゼックにはこれら2つのデメリットがあると言われています。手術を受けた方の多くは3~4日ほどは目に痛みを感じるという意見があり、視力が回復するまでには時間がかかるという意見が多かったです。

しかし、これらのデメリットを乗り越えることができれば、念願だった正常な視力を手に入れることができますし、メガネやコンタクトを使わず裸眼での生活を送ることができますよ!

ラゼックは視力回復に効果的な眼科治療

治療を受けた患者さんの多くは、快適な視力を手に入れているようです。治療後の痛みや視力回復までに時間がかかるといったデメリットはありますが、それ以上にたくさんのメリットがあるので、おすすめの眼科治療だと言えるでしょう。

また、眼科クリニックによっては安い金額で手術を受けることができるので、ラゼック手術を検討している方は、ぜひこちらの記事を参考にして念願の快適な視力を手に入れてみてください。

福岡で人気のレーシック眼科口コミランキング

クリニック一覧

レーシック手術の基礎知識

ICL手術の基礎知識

目の病気の基礎知識

レーシックを超えた次世代治療 Lext(レクスト)