レーシック手術やオルソケラトロジー治療をした後の確定申告で医療費控除額を算出するための医療費控除の計算式とは?

近年では医療の技術が発達してきており、近眼に悩まされてきたという方でもレーシック手術やオルソケラトロジー治療(角膜矯正療法)によって簡単に視力を取り戻すことができるようになりました。視力が回復するのは大変うれしいことですが、心配になるのはやはり手術費用でしょう。特に確定申告の際の医療費控除などについては知りたいと思うことが多いのではないでしょうか。そこでレーシック手術・オルソケラトロジー治療(角膜矯正療法)に関する医療費控除について見てみることにしましょう。

目次

レーシックとオルソケラトロジーの違い

確定申告に伴う医療費の計算について知るためにはレーシックとオルソケラトロジーの違いについて知っておく必要があります。レーシックとは、角膜に対してエキシマレーザーという光線を当てるという手術方法です。これにより目の中にある角膜の曲率が変化し、近眼や乱視が矯正されることになります。もし手術が成功すればメガネやコンタクトといった視力矯正をせずに裸眼で生活することが可能になります。ランニングコストがかからないため初期費用だけ支払えばその後は支出がないというメリットもあります。視力が短期間で安定し、長期的にその視力で生活することができます。一方で初期費用がかなり掛かるということ、視力が戻ってしまう恐れがあるというデメリットもあります。さらに年齢、角膜の薄さ、近視の強さなどによって手術が受けられないことも少なくありません。初期費用は10万円程度から40万円ほどとさまざまです。一方でオルソケラトロジーとは、睡眠中に特殊なコンタクトレンズを装着することによって角膜の形を変化させ視力を矯正するものです。手術ではないのでリスクが非常に低く、小学生などの子どもでも利用可能な方法となっています。ただし視力が戻ってしまうので毎晩もしくは数日に一度特殊なコンタクトレンズをつけ続けなければなりません。こちらの費用は20万円前後が一般的です。

医療費の控除はどうやって計算する?

ではこうした施術を受けた場合には確定申告の際に支払う税額が少なくなるのでしょうか。まず医療費の控除について考えてみましょう。医療費の控除とは、医療費を多く費やした人の負担を軽くするために医療費控除の計算式によって算出された分を納税者に還付するという制度です。医療費控除の計算式を良く知らないという方もいるので、きちんと覚えておきましょう。医療費控除の計算式は(医療費の控除の対象になる金額ー保険金など)-10万円です。ただし総所得額が200万円未満という方は総所得金額の5%を引きます。例えば医療費に30万円を費やし、保険金が10万円下りたとしましょう。この場合差額が20万円なのでさらに10万円を引いた10万円が返ってくるということになります。もし総所得額が150万円であれば7万5千円引いて12万5千円が還付されます。自分の控除額が知りたいという時にはこの医療費控除の計算式で簡単に計算することができます。確定申告の際には必ずこの医療費控除の計算式も使うようにしてください。

レーシック手術とオルソケラトロジー治療(角膜矯正療法)は医療費控除になる?

医療費の控除について分かったところで気になるのは、レーシック手術やオルソケラトロジー治療(角膜矯正療法)が控除の対象になるのかということでしょう。もし対象になるのであればぜひやってみたいという方も多いはずです。結論から言えば、レーシック手術もオルソケラトロジー治療(角膜矯正療法)も医療費控除の対象になります。医療費控除の対象になる医療費とは、基本的に何かを回復させるために医療を利用しそれに対して支払われた対価のことです。したがって薬局で購入した薬、歯科治療費、入院中の部屋代・食事代、介護保険の介護費用、子どもの歯列矯正の費用なども控除の対象になります。レーシック手術は目の機能を回復させるために医学的な方法を用いているため医療費の控除の対象になります。オルソケラトロジー治療(角膜矯正療法)も全く同じ理由で控除の対象になります。一方でメガネやコンタクトレンズを購入する場合には、視力を矯正するもので回復させるものではないので控除の対象にはならないのです。もしレーシック手術やオルソケラトロジー治療(角膜矯正療法)を受けた場合には、ほぼ間違いなくいくらかの還付を受けることができます。もっとも安い部類のレーシック手術でさえ10万円以上の医療費がかかるからです。高いものであれば40万円以上することもあります。確定申告の際には面倒くさがらずに必ず医療費控除の申請をしましょう。その際に必ず必要になるのが支払いをしたときに受け取るレシート・領収書です。小さな金額の領収書でもためておけば10万円を超える可能性もありますから、医療費のレシート・領収書は取っておく癖をつけておくようにしましょう。

まとめ

・医療費控除の計算式(医療費の控除の対象になる金額ー保険金など)-10万円
・レーシック手術とオルソケラトロジー治療(角膜矯正療法)は医療費控除の対象

レーシック手術やオルソケラトロジー治療も医療費控除の申請ができます。しっかり領収書等を保管しておき、確定申告の際には合算して10万円以上になるかどうかを確認しましょう。少しでも還付を受けられるように努力することができるでしょう。

福岡で人気のレーシック眼科口コミランキング

クリニック一覧

レーシック手術の基礎知識

ICL手術の基礎知識

目の病気の基礎知識

レーシックを超えた次世代治療 Lext(レクスト)