レーシック手術の基礎知識

メガネ、コンタクトさようなら!レーシック手術の基礎知識

レーシック手術とは、近視、遠視、乱視の症状を治療する方法です。メガネ、コンタクトレンズを使用する必要がなくなり、安全性も高く、その視力回復効果は大変高いです。「洗練された、完成された手術」とされ信頼度も非常に高いです。

レーシック“LASIK”は、「Laser in Situ Keratomileusis(レーザー照射角膜屈折矯正術)」を元にした言葉です。手術内容は文字通り、簡単にいうと、角膜にレーザー光線を照射し、屈折を調整することによって視力を回復させます。

手術時間は極めて短く、10~20分ほど。痛みも通常はほとんどなく、手術翌日には大抵視力は良好になり、メガネやコンタクトレンズは不必要になります。

調査によると、レーシック手術を受けた人の90%以上が裸眼での資料は1.0%以上回復し、ほとんどの場合その結果に満足しており、もっと早く手術を受けておくべきだったという声が多いようです。
レーシック手術の技術はさらに発展しており、機器の性能もアップし続けています。

福岡で人気のレーシック眼科口コミランキング

クリニック一覧

レーシック手術の基礎知識

ICL手術の基礎知識

目の病気の基礎知識

レーシックを超えた次世代治療 Lext(レクスト)