進化した最先端レーシック治療「レクスト」とは

最先端の手術方法「レクスト」とはいったい!?

一般的にはレーシックを行うことによって、視力は回復する一方で、角膜の強度は下がってしまうといわれています。その角膜の強度が下がってしまうという欠点によって、近視・遠視などの状態に戻りやすくなりますし、薄くなってしまった角膜が原因となり眼疾患を患うこともあります。

Lext(レクスト)は、レーシックのそうした欠点を克服することができる、新しい視力回復治療であり、角膜の強度の低下を防ぐことができます。

通常のレーシック手術の適応検査において不適応になった方も受けることができますので、そうした方にもおすすめといえます。

既に多くの症例がある手術であり、品川近視クリニックでは約70000以上の症例があります。

今までのレーシック手術より安全なわけ

レクストがこれまでのレーシック手術に比べて安全な理由、それは視力を回復させるだけではなく、これまでレーシックの弱点であった角膜の強度の低下を防ぐことができるという点にあります。これまでは薄膜の強度が弱まってしまうことによって、近視や遠視に再び戻りやすく、角膜が薄くなったことによって起こる眼疾患にかかる可能性もあったのです。

また、これまで両眼の場合はだいたい20分ほどかかっていた手術が10分ほどで済むようになったので、患者さんの負担は軽減され、楽に受けられるようにもなりました。

このように、さまざまなリスクは最小限に抑えながら、効果が高く手術自体の負担が少ない新しい視力回復治療、それがレクストといえます。

レクストはこんな方にオススメ

レクストは近視や遠視に戻ってしまう可能性を減らし、眼疾患になるリスクも減らすので多くの方におすすめといえます。より安全に確実に視力回復手術を受けたいという方に選ばれることが多いようです。

両眼でも10分ほどで手術は完了しますので、手術自体に恐怖心を抱いている方、抵抗感のある方にも選びやすいでしょう。

また、レーシック手術の前には必ず適応検査を受けますが、その検査の結果によっては不適合とされ手術自体が受けられないことはあります。レクストの場合、従来のレーシック手術の適応検査で不適合とされ受けられなかったでも、受けられる可能性があります。そうした方も一度レクストを想定した適応検査を受けてみるのも手でしょう。

福岡で人気のレーシック眼科口コミランキング

クリニック一覧

レーシック手術の基礎知識

ICL手術の基礎知識

目の病気の基礎知識

レーシックを超えた次世代治療 Lext(レクスト)