福岡でレーシック手術するなら、品川近視クリニックがおすすめ!

福岡にお住いでレーシック手術を検討している人は、どこのクリニックにするかお決まりでしょうか?レーシック手術は視力がよくなって便利な反面、まれに不具合が出ることもあるので、クリニック選びは慎重にしたいものです。レーシック手術のメリット・デメリットを確認しながら、福岡でおすすめのクリニックである、「品川近視クリニック」についての情報をご覧下さい。

目次

レーシック手術で生活をランクアップ

レーシック手術は、世界で毎年数百万人もの人が手術を受けているほどポピュラーな手術。手術は目の角膜にレーザーをあて、屈折率を変えることで近視や乱視を矯正するというものです。

レーシック手術のメリット

レーシック手術の代表的なメリットは、手術後たった1日で視力が矯正され、眼鏡やコンタクトレンズをつける必要がなくなること。目が悪いことで日常生活やスポーツ時に苦労があった人は、その大変さからすぐに解放されるのです。眼鏡をかけたくないのに、コンタクトレンズが体質的に合わず眼鏡をかけざるを得なかった人には、とてもありがたい手術ではないでしょうか。

また、目が悪いことで頭が痛くなったり、肩こりが起こりやすい人にとっても、視力がよくなることでそうした身体的な問題も解決する可能性が高くなります。いずれにしても生活の質がアップすることが、レーシック手術の最大のメリットと言えるでしょう。

レーシック手術のデメリット

レーシック手術は安全な手術ではありますが、手術後のトラブルがないわけではありません。トラブルの例として、手術後ドライアイになることが挙げられます。しかし早期に医師に相談することで、それ以上の悪化を避けることができることでしょう。他の不具合では、角膜表面に作る蓋状のフラップというものがずれて乱視になった、角膜が混濁したという例も。フラップは手術後自然にくっつくのですが、強い力が加わるとずれることがあるので気をつけたいものです。

また、白内障や緑内障などの病気がある人、角膜が薄い人、糖尿病や肝炎などの病気を持つ人はレーシック手術を受けられないことがあります。検診を受ける際、ご自分が手術に向いているかどうかは、医師に相談してみて下さい。

安心できる医院でレーシック手術を

ものを見るとぼやけて見える人は、光が角膜や水晶体を通って屈折する際に、うまくいかず網膜に焦点が結ばれないことが原因。レーシック手術の目的は、その焦点の位置を正しくすることです。手術はまず角膜の表面をフェムトセカンドレーザーで蓋状にスライスし、フラップを作ります。次にフラップをめくった下の角膜実質という部分にレーザーをあて、屈折率を調整します。

レーシック手術はまれに手術後不具合を感じる人もいるため、安心できる、信頼のおけるクリニックで手術を受けたいもの。では信頼のおけるクリニックとはどういうものでしょうか?注目すべきは技術の高さや、手術数が豊富といった実績です。ところで2008年には、業務上過失傷害の罪で逮捕者まで出た、レーシック手術で角膜感染症が多発した事件が起こりましたが、原因は器具の滅菌処理の不足によるもの。この事件を教訓に、クリニックが器具の衛生管理に留意しているかどうかもチェックしましょう。

福岡でレーシック手術対応医院ならここへ

安心、安全な手術は、レーシック手術を受けたい人皆の希望。福岡エリアでは、どのクリニックを受診するのがよいでしょうか?おすすめしたいのは、品川近視クリニック福岡院です。このクリニックがおすすめできる理由をご紹介します。

天神駅から5分の品川近視クリニック福岡院

品川近視クリニック福岡院は、九州で最大の規模を誇る屈折矯正クリニックです。アクセスは、天神駅からわずか5分。そのため来院する人も多く、扱った症例数は115万症例にものぼります。レーシック手術だけでも3万症例を経験した医師に執刀してもらえるので、安心感が違います。

福岡エリアで使用するレーザー機器は、世界トップクラスの性能を持っているので安全性が高く、個人個人の目の特徴にあった治療を受けることができます。そして感染症などが起こらないためにも、手術器具を高圧蒸気で滅菌処理しているので、衛生面での信頼性も高いクリニックと言えるでしょう。

品川近視クリニック福岡院のレーシック手術には様々な種類があるのですが、これはフラップを作るフェムトセカンドレーザーと、屈折率を矯正するエキシマレーザーをどう組み合わせるかによって決まります。レーザー機器はそれぞれ照射スピードと照射エネルギーが異なるので、検診で目の状態をチェックし、どの機器を使うかを決めてもらうとよいでしょう。例として国内で一番普及しているとされる手術「イントラレーシックアドバンス」では、フェムトセカンドレーザーに最新型のイントラレース、エキシマレーザーにはアレグレットを使います。

福岡院院長の豊かな経験・経歴で安心

品川近視クリニック福岡院の院長、尾崎 秀先生は東京院での勤務を経て、たくさんの最先端の屈折矯正手術を経験されているベテラン医師。知識や技術はもちろん申し分なく、安心してお任せできることでしょう。

他のスタッフも国家資格を持つ視能訓練士や臨床工学技士が多数在籍しているので、受けられる治療の質も信頼できます。

学割や無料提携託児所も

レーシック手術はスタンダードタイプなら7万円からありますが、高機能の機器を使った治療を希望すれば、料金はおのずと高くなります。高額な費用が負担となる学生さんにとってうれしいのが、品川近視クリニックでは福岡院限定の学割が用意されている点。これは「クリスタルZレーシック」プランに限定したキャンペーン価格で、通常価格25万円(税込)が18万円になるというものです。

「クリスタルZレーシック」はフェムトセカンドレーザーにフェムトLDVクリスタルラインを使いますが、これは手術をしながら患者の目を確認できるという、福岡院では最高峰の機器とのこと。エキシマレーザーにはアレグレットを使います。 手術内容の質も高いので、ぜひ選択肢の中に入れておきましょう。

小さいお子さんのいるお母さんにもうれしいサービスがあります。初診検査日または初回施術日のみとなりますが、(株)アルファ・コーポレーションが運営するキッズスクウェアという提携託児所を、無料で利用することができます。お子さんを預ける先が見つからず、レーシック手術ができなかった人には朗報ですね。

まとめ

今ではすっかりポピュラーな視力矯正方法となった、レーシック手術。短時間の手術ですぐに結果が得られますが、器具や機器の管理が行き届いていないクリニックで手術を受けると、合併症というリスクも心配です。レーシック手術を受けるなら症例数が多く、衛生管理がきちんとされ、最新の機器を備えたクリニックを選びましょう。

福岡で人気のレーシック眼科口コミランキング

クリニック一覧

レーシック手術の基礎知識

ICL手術の基礎知識

目の病気の基礎知識

レーシックを超えた次世代治療 Lext(レクスト)