レーシックで視力はどこまで回復できるのか

目次

レーシックで視力はどこまで回復できるのか

レーシック手術と聞くと、裸眼視力を回復できるため本人の希望次第ではどこまでも視力回復出来るのではないかと思いがちですが、 実際には視力回復には限度があります。

レーシックは眼の表面の角膜にレーザーやケラトームによってフラップと呼ばれるフタを作ります。 その後、エキシマレーザーであらかじめ設定しておいた数値を基準に、フラップを切り取ったことで表出した角膜実質層の曲率を変えていくことで視力矯正を行います。

このように、レーシックでは角膜の乱れを、適度に削って調整する手術となるために角膜を削れる量自体に限度があるのです。 角膜が厚い人であれば、複数回レーシックを受けることが可能ですが、生まれつき角膜が薄い人はレーシック自体を受けることが出来ません。 レーシックで回復出来る視力は2.0程度が限度であると言えます。

過矯正のリスクを認識しよう

レーシックでは角膜を削ることができる量に限度があるため、視力回復には限界があるというお話をしましたが、視力を回復させすぎないほうがいいのにはそれ以外にも理由があります。

それは、過矯正のリスクがあるからです。過矯正とはレーシックによって視力が回復し過ぎてしまい、よく見えすぎてしまうことで頭痛やめまい、吐き気などを引き起こしてしまう症状を言います。

実際、都心に住んでみると、視力が2.0以上あるとひとつひとつのモノが見えすぎてしまうために逆に目が疲れて、それによって頭痛等の症状を引き起こしてしまうのです。

過矯正は非常に深刻な後遺症の一つのため、視力を良くしすぎないというのは重要なことなのです。

おすすめの度数

レーシックでは9割以上のひとが裸眼視力の状態で1.0以上に回復すると言われています。 もちろん、強度近視や老眼、角膜の状態などによって、どこまで回復できるかは個人差があります。 角膜の厚さや眼圧などは個人差があるために、レーシックで回復できる限度は制限されてしまうのです。

多くのクリニックでは、回復させる視力は1.0?1.2程度を推奨しています。 これは、過矯正による眼精疲労や肩こり、頭痛などを防ぐことが目的です。

自分がどこまで回復出来るかは、事前にクリニックに直接足を運んで医師のカウンセリングを受けてみるのが一番です。 中には、安易に2.0まで回復出来ると謳っているクリニックもありますが、善良な医師であればそのようなことは推奨しないため、 過大広告を掲げているクリニックは避けるようにしたほうが無難です。

レーシックを受けた99.5%の人が視力1.0以上に

レーシックの手術によって回復するかどうかは個人差が大きいのではないかと思ってしまいますが、 実際は個人差というのはほとんどなく、レーシック被験者のなんと99.5%の患者が視力が1.0以上に回復したという統計データもあります(品川近視クリニック調べ)。

また、回復する視力の幅自体は個人差が出てしまうものの、平均すると0.08から1.68まで視力が回復したというデータもあります。

このように、レーシックというのは手術を受けるだけでほぼ確実に視力回復することができる素晴らしい手術方法なのです。

従来までは、角膜が薄すぎるためにとレーシックを受けられないという患者がいたのですが、 最近では角膜が薄くてもできるレーシックも登場しているため、まずは気軽に相談してみることが重要です。

安定するまで3ヶ月かかる

レーシックの手術の直後は視力が大幅に回復します。個人差もありますが、両目共に2.0まで回復するケースもあります。 一般的には1.0〜1.5程度の視力になる方が多いようです。どれだけ視力を回復させるかというのは角膜を削る量を調整して屈折率を変える度合いによって決まります。 これ自体は医師と相談することによって決定することになるでしょう。

また、手術後は視力が最も回復した状態になりますが、一週間程度で視力低下が起こり、3ヶ月ほどたつと安定した状態になります。

例えば、手術前の視力が0.05、手術直後の視力が2.0だったケースでは、一週間程度で1.5まで下がり、 その後、3ヶ月程度の時間をかけて完全に1.5で安定するようになるのです。

時間の経過で徐々に視力低下することも

レーシックの手術のあとは、視力が一生衰えないと考えてしまう方も多いようですが、 実際には、レーシック後には数年間の期間をかけて徐々に視力低下が引き起こされるというのはよくある話です。 すなわち、レーシックが永久的な視力回復を保証しているわけではないということを肝に念じておきましょう。

近視になってしまう原因は環境的要因によるものか遺伝的要因によるものかはまだはっきりしていません。 しかし視力が落ちやすい人というのは何らかの要因が絡んでいて落ちている方が多いため、たとえレーシックをしたとしても、 その後に同様の原因によって視力低下が引き起こされてしまう可能性は高いのです。 そのため、レーシックをしたら徐々に視力は低下するというのを前提に、 再びレーシックをするかメガネやコンタクトに移行するかを検討しておいたほうが良いでしょう。

福岡で人気のレーシック眼科口コミランキング

クリニック一覧

レーシック手術の基礎知識

ICL手術の基礎知識

目の病気の基礎知識

レーシックを超えた次世代治療 Lext(レクスト)