ICLとレーシックどっちを選ぶべき? 費用やメリット・デメリットを比較

ICLとレーシックどっちを選ぶべき? 費用やメリット・デメリットを比較

目次

視力回復ができる眼科治療には、ICLやレーシック手術などがあります。視力に悩んでいる方であれば、これらの眼科治療を耳にしたことがあるでしょう。しかし、同じ視力回復を行う治療法ですが、「どっちを選べばいいの?」と悩む方は多いのではないでしょうか?

ICLとレーシックでは、治療目的は同じですが、治療方法・治療を受けられる条件・リスク・費用などに違いがあります。まずはそれぞれの違いをしっかりと把握して、どちらが自分に合った治療法なのかを考えてみましょう。今回は、そんなICLとレーシックについてまとめてみたので、「視力に悩んでいる」「視力を回復させる治療を受けたい」という方は、ぜひ参考にしてみてください。

ICLとレーシックはどっちを選ぶべきなの?

視力を回復させる有名な治療には「ICL」「レーシック」の2種類がありますが、どちらを選べば良いのかをと悩む方は多いでしょう。まずはそれぞれの違いを知っておくと、自分に合った治療法を選ぶことができるでしょう。ここでは、ICLとレーシックの大まかな違いについてご紹介していきます。

ICL

ICLとは、角膜を3mm程切り開き、専用のレンズを装着させることで視力矯正を行う治療法です。点眼麻酔を行うので痛みを感じることはなく、手術時間も30分程度なので、忙しい方でも気軽に受けられる眼科治療です。

また、術後に白内障の発症や視力低下が起きた場合は、装着したレンズを取り外す・交換することで適切な治療を受けられます。何も問題がなければ半永久的に視力を維持できるので、コンタクトやメガネを使用することなく、快適に過ごすことができるでしょう。

ICLで使用する専用のレンズは、患者さん一人ひとりに合わせたオーダーメイドのレンズを使用しています。さらに、レンズにはUVカットの効果もあるので、紫外線による刺激から瞳を守ってくれます。

レーシック

レーシック手術とは、角膜の表面を専用のレーザーで削ることで光の屈折角度を調節し、近視・遠視・乱視などから視力を回復させる治療法です。ICLと同じく点眼麻酔を行うので、ほとんど痛みを感じることなく、安心して治療を受けられます。手術時間は10分程度とICLよりも早く済ませられます。

術後は理想とする視力まで回復できますが、ICLと比べると術後の見え方に違いがあります。ICLのクリアな見え方に対して、レーシックは1トーン暗い見え方になります。裸眼のような見え方の質を求める方にはおすすめできませんが、視力を回復させるだけなら問題ないでしょう。

また、レーシックを受けた方は、白内障の発症や視力低下の再発が起きた場合、再び治療を受けることができません。高齢者や将来のことを考えるのであれば、レーシックよりもICLを選んだほうが良いかもしれませんね。

視力矯正は受けられない人がいる!?

視力矯正を行うICLやレーシックは、誰でも受けられる手術というわけではありません。それぞれに適正条件があるので、まずは眼科クリニックで適性検査を受ける必要があります。ここでは、ICLやレーシック手術を受けられる適正条件についてご紹介します。

ICLの適正条件

ICLの適正条件

  • ・年齢は21~45歳までの方
  • ・近視の度合いは-3D~-18Dまで
  • ・1年間で近視の度数に変動がない、変動はあるが0.5D以内
  • ・乱視の度合いは約4.5Dまで

これらの項目はICLを受けられる適正条件です。年齢制限や視力の状態・変動にも規定があるので、「今の視力状態がわからない」という方は眼科にて適正検査を受けてみてください。また、何か気になる点がある場合は、医師に相談すると良いでしょう。

レーシックの適正条件

レーシックの適正条件

  • ・年齢が18歳以上の方
  • ・角膜の厚みが標準
  • ・白内障や緑内障、ドライアイなどの症状がない方
  • ・持病を患っていない方
  • ・妊娠中、または授乳中でない方

これらの項目はレーシック手術を受けられる適正条件です。ICLと比べて自己チェックできる項目が多いので、どちらの手術を受けるかを選ぶ基準にしやすいでしょう。しかし、角膜の厚みだけは自分で確認できないので、治療を受けたいクリニックにて適性検査を行ってもらいましょう。

それぞれのメリット・デメリットは?

治療方法や適正条件に違いがあるように、メリット・デメリットにもそれぞれで違いがあります。ここでは、ICLとレーシックのメリット・デメリットについて、一つひとつご紹介していきます。

ICLのメリット・デメリット

ICLの最大のメリットは、半永久的に裸眼のような快適な視力を維持できることです。また、目の病気や視力に異常が現れた場合でも、装着したレンズの取り外しが可能なので、適切な治療を受けることができます。

デメリットとしては、手術費用が高く、診察から手術までに時間がかかることです。ICL手術の費用相場は約60万円となっていて、保険適用外なので高額な費用が必要になります。また、専用レンズはオーダーメイドなので、病院が発注してから届くまでに1週間~数ヶ月はかかるでしょう。

レーシックのメリット・デメリット

レーシックの最大のメリットは、理想とする視力を手に入れられることです。コンタクトやメガネを使用することなく、ものを見るときもハッキリと確認できるようになります。また、メガネによる疲れ目からも開放されるので、快適な日常生活を贈ることができるでしょう。手術の費用相場もICLと比べて約20万円から受けられるので、少ない予算で治療が受けられるのもメリットの1つとなっています。

デメリットとしては、ICLと比べてリスクが高く、術後の後遺症に悩む可能性があることです。乾きの強いドライアイや、光を見たときに極端に眩しく感じるハロー・グレアなどを発症する可能性があるので注意が必要です。

視力を回復させるなら品川近視クリニック

ICLやレーシック手術を受けるなら、信頼できるクリニック選びが大切です。自宅から近い、手術費用が安いといった理由だけで選んでしまうと、視力回復に失敗するかもしれません。

そこでおすすめしたいのが、信頼と実績のある「品川近視クリニック」です。患者満足度98.6%以上を誇る、人気の高い眼科クリニックとなっています。視力矯正の経験豊富なベテラン医師が丁寧に対応してくれるので、安心して手術を受けたいという方は、ぜひ一度診察を受けてみてください。

福岡で人気のレーシック眼科口コミランキング

クリニック一覧

レーシック手術の基礎知識

ICL手術の基礎知識

目の病気の基礎知識

レーシックを超えた次世代治療 Lext(レクスト)