ICLの術後に白内障や緑内障になったら?可能性や対処法まとめ

ICLの術後に白内障や緑内障になったら?可能性や対処法まとめ

視力回復にとても効果的な眼科治療として有名なICL手術は、従来の視力回復治療に比べて安全性の高い手術となっています。合併症のリスクも大幅に減少しているので、安心して受けられる手術だと言われています。

しかし、手術を受けた患者さんの中には後に白内障や緑内障を発症している方がいるようです。また、手術を受けるデメリットとして、安全性は高いものの稀に合併症を引き起こす場合があるようなので、不安を感じている方は多いのではないでしょうか?

今回は、そんなICLの術後に白内障や緑内障になる可能性や対処法をご紹介します。「手術は受けたいけどその後の目の病気が不安…」という方は、ぜひこちらの記事を参考にしてみてください。

ICLの術後に白内障・緑内障になることはあるの?

ICLの術後に白内障・緑内障になることはあるの?

近年、快適でクリアな視界を安全に手に入れられるICL手術が注目を集めています。芸能人やスポーツ選手だけでなく、視力低下に悩む一般人の方も手術を受けている方が多く、そのほとんどが術後の状態に満足していると言われています。

しかし、そんなICL手術にもデメリットとなるものがあるようで、術後から10年が経過すると白内障を発症することがあります。また、人によっては失明の恐れもある緑内障も発症することがあるなど、このような合併症が唯一のデメリットとなっているようです。

他にも、手術で使用したレンズのサイズが患者さんの目に適合しなかった場合も、このような合併症を発症する可能性があるようです。ICLには治療を受けるたくさんのメリットがありますが、こうしたデメリットがあることも知っておくことが大切です。

ちなみに、このようなリスクは実際に手術を受ける前に、必ず担当医から細かい説明を受けられるようになっています。そのため、もしも手術を希望する方で不安や疑問がある場合は、自分がしっかりと納得できるまで担当医と話し合いを行いましょう。

最新のICL手術なら発症リスクが低くて安全

上記ではICL手術を受けたのちに合併症を発症するリスクがあるとご紹介しました。ですが、現在使用されている最新の眼内レンズなら、白内障や緑内障などの合併症を引き起こす可能性がかなり低いと言われています。

最新のレンズには従来にはなかった穴が中央に開いているという違いがあり、現在では合併症の発症リスクが低くなったと言われています。また、最新レンズを使用してからの眼疾患が出やすくなったなどの報告は挙げられていないようなので、安全性も向上したと考えられるでしょう。

しかし、病気ではありませんが近視や乱視の症状が出るなど、多少の視力の変化が現れることはあるようです。この場合は病気ではなく後遺症や合併症でもないので、発症したとしても特に気にする必要なないかもしれません。

とはいえ、リスクの低下や安全性が向上したとは言え、絶対に合併症を引き起こさないとは言い切れないでしょう。現時点ではそのような報告は挙がっていませんが、素人では判断が難しいので、術後の目や視力に異常を感じた場合は、一度きちんとした検査を受けた方が良いでしょう。

もしも合併症を引き起こしたときに対処法は?

もしも合併症を引き起こしたときに対処法は?

手術で使用される専用レンズは、患者さん一人ひとりに合わせて作られるオーダーメイド制となっています。そのため、基本的には患者さんの目に適合するのですが、稀にサイズが合わないことがあり、それが原因で合併症を発症する場合があります。

他にも、手術前から近視が強い患者さんは、手術を受けたとしても受けなかったとしても、白内障を発症する可能性が高いと言われています。ですが、患者さんによっては手術を受けた後に何らかの眼疾患が発症することがあるかもしれません。

しかし、ICL手術を受けた後に眼疾患を発症した場合は、角膜に挿入したレンズを取り外すことができるので、適切な治療を受けることが可能。また、病気の発症ではなく術後に目に違和感があるという場合も、必要であればレンズの取り外しや交換が可能です。

つまり、ICL手術ならもしも合併症を引き起こしたとしても適切な対処法が取れる治療なので、安心して受けられる眼科治療だと言えるでしょう。ちなみに、視力回復手術として過去に注目を集めていたレーシックには、ICLのような対処法がありませんでした。

一度削った角膜は元に戻ることも戻すこともできず、さらには後遺症のリスクが高いと言われていました。ですので、視力回復手術に不安を感じる方は多いと思いますが、ICL手術は最新の医療技術を使った安全性の高い治療法なので、視力低下の改善を考えている方は、一度眼科クリニックで詳しい説明を受けてみてはいかがでしょうか?

ICLなら手術後に眼疾患が現れても安全に対処できる

以前ICL手術で使用されていた専用レンズは、術後に合併症を引き起こす可能性が高いものだと言われていました。しかし、現在使用されている最新の専用レンズに変更されてからは発症の報告はなく、今では安全性の高い手術となっています。

また、もしも合併症を引き起こした場合でも、挿入したレンズの脱着が可能なので、適切な治療を受けられるという対処法も存在しています。しかし、患者さんによっては稀に白内障や緑内障などの合併症を発症することがあるため、リスクがないわけではありません。

ですが、安全な対処法があり適切な治療を受けることで、眼疾患の進行の遅延は症状の緩和、手術による完治が見込めるので安心して受けられる手術です。手術前には担当医から詳しい説明を受けることができますし、気になることはすべて質問することも可能なので、視力低下にお悩みの方は一度眼科クリニックで相談してみることをおすすめします。

術後は医師の言いつけを守る生活が重要

術後は私生活にさまざま制限が課せられるので、手術による傷の回復や眼疾患の発症を防ぐためにも、医師からの言いつけを守ることが重要です。勝手な自己判断で普段通りの生活を贈ったり、処方された薬の使用をやめたりといった行為は、合併症のリスクを高めるので危険です。そのため、手術を受ける方は必ず医師の指示に従って生活を送り、安全で快適な視力を手に入れましょう。

福岡で人気のレーシック眼科口コミランキング

クリニック一覧

レーシック手術の基礎知識

ICL手術の基礎知識

目の病気の基礎知識

レーシックを超えた次世代治療 Lext(レクスト)