意外と知らないICLの歴史。実はレーシックより長い?

意外と知らないICLの歴史。実はレーシックより長い?

「視力回復に効果的な手術として歴史の長い治療はレーシックとICLのどちらですか?」このような質問をされたとするなら、おそらく多くの方がレーシックと答えるのではないでしょうか?

というのも、ICLが認知されたのはレーシックの後というイメージが強い傾向があるので、大多数の人はレーシックの方が長い歴史を持っていると答えるでしょう。しかし、長い歴史を持っているのは、実はICLだと言われています。今回は、そんなICLの歴史についてご紹介していきます。

ICLが開発されたのは1980年代

アイドルやスポーツ選手など、芸能人も治療を受けているICLは、近年開発された新しい治療法だと思われている方は多いのではないでしょうか?そんなICLが開発されたのは1980年代と言われていて、長い歴史を持っていると思われているであろうレーシックが行われていたのは1990年となっています。

つまり、実はレーシックよりもICLの方が長い歴史を持っているのです。日本に初めて導入されたのは1997年、そして厚生労働省の承認を受けたのが2010年となっています。開発から承認を受けるまでにこれだけの期間を要したのは、安全性を向上させ多くの患者さんに安心して治療を受けてもらえるように、精度の高い医療技術を磨いていたのではないかと言われています。

実際のレーシックと比較しても手術に対するリスクが低く、手術後に何らかの異常や眼疾患が発見された場合でも、レンズを取り外すことで適切な治療が可能となっています。レーシックの場合、一度削り取った角膜は修復できないので、合併症や後遺症の発症リスクが高いと言われています。

レンズの改良で安全性が向上

レンズの改良で安全性が向上

ICLで使用される専用レンズですが、現在では開発当時のレンズが使用されていません。というのも、開発初期に使用されていたレンズは白内障や緑内障など、術後に合併症を引き起こすという症例が国内外や多くの地域で報告されていました。

そのため、開発当初はそれほど安全性の高い手術とは言い難い眼科治療でした。しかし、そこからさらにレンズの改良がおこなわれ、2014年にレンズの中央に小さな穴の開いたレンズの使用が開始されました。

その結果、合併症を引き起こしたという症例がなくなり、安全性の高い手術として治療を受ける患者さんが急激に増加したと言われています。そこからさらに改良が施され、2016年にレンズのサイズは従来のまま、夜間でも良好な見え方を実現できるものが開発されました。

使用されるレンズは生体性適合性に優れている

使用されるレンズは生体性適合性に優れている

ICLで行う術式では、点眼麻酔を行った後に角膜を数ミリ切開し、そこからレンズを挿入するといった方法で行われます。術後は特に問題が発生しなければレンズを取り外す必要がなく、半永久的に良質な視界を維持することが可能です。

そんな専用レンズには生体への安全を考え、親水性に新素材と言われる「コラマー」を採用しています。この素材は角膜内のタンパク質の付着を防ぐ効果があり、レンズを交換しなくてもクリアな視界を安定して維持することができます。

また、このレンズには紫外線を90%以上カットする効果があります。紫外線はさまざまな眼疾患の原因の1つと言われているため、良質な視界を維持しつつ眼疾患の予防効果もあります。

ハイビジョン並みの高品質な見え方を実現

ICL手術を受けた後の見え方ですが、ハイビジョン並みの高品質な見え方を実現できると言われています。感覚としては正常な視力と同じ見え方に加え、見たものの奥行きや立体感実感できるそうです。

鮮やかでクリアな視界を得ることができるので、術前と術後を比較すると高品質な見え方に感動してしまうかもしれませんね。ちなみに、レーシック手術を受けた後の見え方ですが、視力自体は回復するものの、奥行きや立体感の実感は薄く、見たものの色合いが1トーン暗めに見えてしまうようです。

ICLは誰でも受けられる手術ではない

レーシックよりも歴史が長く少ないリスクで安全性の高いICLは、視力低下に悩む方であれば治療を受けたいと考える方は多いでしょう。しかし、この治療は視力に悩む方であれば誰でも受けられるという手術ではありません!

まず手術を希望する患者さんは眼科クリニックで適性検査が行われます。そして、この検査を問題なくクリアした患者さんのみが手術を受けることができるようになっています。適性検査では角膜の状態確認や現在の視力など、手術を安全に受けられるのかを調べます。

そのため、検査の時点で異常や問題が発覚した患者さんは、残念ながら手術を受けることができないのです。また、異常や問題がなくても、規定の年齢よりも低い方や妊娠中の方は受けられないと言われています。

詳しくはICLを行っているお近くの眼科クリニックを一度受診して、手術の相談と適性検査の受診を行ってみてください。

ICLは長い歴史の中で高品質な治療の実現に成功している

長い歴史を持つのはレーシックだと思っていた方は多いと思いますが、ご紹介したように実はICLの方が長い歴史を持っていることがわかりました。それだけ長い歴史を持っているのに世に出てくるのがレーシックよりも遅れていたのは、より質の高い医療を患者さんに提供することが考えらえていたからなのでしょう。

また、実際に視力回復治療として導入された後も、レンズを改良することでより安全性の高いものへと改善されました。その結果、手術を受ける患者さんは増加傾向にあり、現在でも治療を受ける患者さんが多くなっています。

そんなICLを受ける利点は、半永久的な効果で長期間の裸眼での生活が可能になり、高品質な視界を得ることができること。そして、もしも違和感がある、または眼疾患を発症した場合でも、レンズを取り外すことで適切な処置を受けることができることです。

治療後の安全性も確保されているのは、手術を受ける患者さんにとって非常に嬉しいことですよね!しかし、ICLは誰もが受けられる視力回復治療ではありません。適性検査を適正だと判断された患者さんのみが受けられる治療なので、まずは手術に対応している眼科クリニックを受診して医師に相談することをおすすめします。

福岡で人気のレーシック眼科口コミランキング

クリニック一覧

レーシック手術の基礎知識

ICL手術の基礎知識

目の病気の基礎知識

レーシックを超えた次世代治療 Lext(レクスト)