老眼や乱視に効果ある?手術前に知っておきたいICLにまつわる5つの常識

老眼や乱視に効果ある?手術前に知っておきたいICLにまつわる5つの常識

レーシックより安全性が高く、安心して受けられるICL。さまざまな視力の悩みを解決してくれますが、どのくらいの効果があるのでしょうか?ICLを受けることで老眼になる、という噂もありますが、実際は老眼になることはありません。

ICLを受けることで、老眼や乱視に対して効果はあるのかなど正しい知識が必要です。そんな悩みを抱えているあなたのために、ICLにまつわる5つの常識をまとめてみました。手術を受けるか悩んでいるなら、じっくりとこの記事を読んでみて、ICLを検討してみてください。

目次

ICLは近視や乱視にも効果あり

ICLは特製のレンズを目に入れ込み、視力を矯正する手術です。目の中に入れるレンズは、一人ひとりの度数に合わせて作られています。そのため、近視や乱視に合わせて視力を調整することも可能。

さらには、レーシックでは対応できない強度の近視でも対応できます。視力の悩みで困っているなら、ICLを受けることで解決される可能性は高いです。

先生に視界の悩みを正しく相談して、改善可能か確認しておきましょう。

術後老眼になるというのは嘘であり本当

ICLを受けると老眼になる、という噂は嘘です。ただし、完全に嘘というわけではなく、半分本当というのが正しい表現でしょう。ICLを受けて視力を矯正すれば、今までよりクリアに周りが見えます。

しっかりと視力が矯正されているのに、老眼になっていると感じるパターンが多いです。そのため、術後に老眼になってしまった!という声が上がってしまうのでしょう。これは施術による後遺症ではなく、元々老眼にであったことが原因です。つまり、老眼を自覚していなかっただけで、ただ見やすくなって気付いたということです。

ちなみに、老眼になったと感じるのはICLに限った話ではありません。同じくレーシックを受けた場合でも、術後に老眼を感じてしまうことはあります。さらには、メガネやコンタクトレンズによって、視力を矯正する場合も同じです。ICLが原因で老眼になることはありませんので、安心して施術を受けましょう。

施術が受けられないパターンがある

まずICLを受けるためには、前提条件があることを知っておきましょう。

手術を受けるための条件
年齢:21歳から45歳前後
近視度数:-6.0Dから-18.0D
乱視度数:-2.5D以下

数多くのメリットがあるICLですが、手術を受ける条件があります。手術を受けられるのは21歳になってからですし、45歳までが理想的と言われています。年齢制限を満たしていない場合、手術を受けることはできません。

また、レンズの度数によって、手術を受けられるかは変わります。度数が大きくなるほど、焦点距離は近くなり、短いほど焦点距離は長くなります。ちなみに、-0.6Dは0.15メートルであり、-2.5Dは0.5メートル。焦点距離が細かく分かれているため、病院で検査をしてもらうことが一番です。

さらに、手術を受けられない条件もあります。
目の病気を持っている
角膜内皮ジストロフィー、角膜内皮が2000個以下
緑内障、または眼圧が21mmHg
屈折矯正手術が許されない職業
妊娠中・授乳中

この条件にあてはまる場合、ICLを受けることはできません。もちろん医師の説明がわからない、納得できない場合も、ICLは受けられません。ICLをスムーズに受けるためにも、必ず手術の条件は知っておきましょう。

ICLにはリスクや後遺症がある

ICLにはリスクや後遺症がある

ICLを受けるときには、視力低下や再手術のリスクがあります。目の痛みや炎症が起きますし、後遺症が残る可能性もあります。放置していても自然と治るものばかりですが、手術が必要になるケースもあるでしょう。そのため、正しくリスクや後遺症のことを知っておき、ICLを受けなければなりません。

ICLのリスク・後遺症
目の腫れ・痛み・かゆみ
涙が止まらない
目のかすみ・ぼやけ
ハロー・グレア
虹彩炎
感染症
角膜内皮障害
緑内障・白内障

目の腫れからハロー・グレアまでは、自然と治るので放置していても問題ありません。
術後に必ず起きる後遺症もあるので、あまり気にする必要はないです。

虹彩炎や感染症、さらには緑内障や白内障と聞くと、不安に感じてしまうでしょう。しかし、ほぼ大きな後遺症は起きることなく、ごく稀に後遺症が出るという確率です。リスクや後遺症については、病院の先生から説明もありますので、実際に起きる確率も教えてもらえます。
基本的には安全ですが、リスクや後遺症が起きるという可能性は知っておきましょう。

ICLは術後に取り外し可能

ICLは目の負担が少なく、安心して受けられる手術ですが、取り外しできることが特徴です。術後に違和感があるときには、手術ですぐに元の状態に戻すことができます。度数が変わってしまったときでも、新しく視力を矯正することも可能。

ICLを取り外せば、さまざまな後遺症は元に戻ります。さらに、白内障になった場合でも、手術を受けることで視力は回復できます。そのため、合併症が起きたときでも、治療を受けられることがメリット。

レーシックだと一度施術を受けたら、元通りの状態にすることはできません。レンズを取り外すことで、治療の幅が広がることがICL最大の魅力でしょう。

ICLの常識を覚えて安心して手術を受けよう

ICLの常識を覚えて安心して手術を受けよう

難しい印象のICLですが、細かい常識を知っておくだけで、安心して施術が受けられるでしょう。しかし、ICLの常識を知っておくだけで、あらゆる不安が取り除けるようになります。それでも、不安を感じるときには、品川近視クリニックで施術を受けてみませんか?

品川近視クリニックは、数多くの症例実績があり、約98%の患者さんが正常な視力を取り戻しています。さまざまな芸能人や有名人が手術を受けている実績もあり、安心して施術を受けやすいです。ICL認定医がいるため、信頼できる先生から施術を受けられるでしょう。

また、ICL手術だけでなくレーシック手術にも精通しているため、あなたに合った手術が選べます。施術前後のサポートが充実しており、検診や相談は無料です。

さらに、クリニックによっては再手術・追加矯正・合併症治療も無料対応してくれるでしょう。しっかりとICLの常識を身に付けたら、品川近視クリニックで施術を受けてみてください。

福岡で人気のレーシック眼科口コミランキング

クリニック一覧

レーシック手術の基礎知識

ICL手術の基礎知識

目の病気の基礎知識

レーシックを超えた次世代治療 Lext(レクスト)