ICLのリスクは?後遺症は?ICLの不安にお答えします

ICLのリスクは?後遺症は?ICLの不安にお答えします

目の中に専用のレンズを挿入して、視界の悩みを解決する手術のICL。レーシックに変わる手術として急激に人気が高まっており、レーザーを使用しないことから、患者さんの負担がかからないと言われています。

しかし、それは本当なのでしょうか?どんなに安全といわれても、ICLのリスクや後遺症が心配という人もいるでしょう。そんな不安を抱えているあなたのために、ICLの不安を徹底的にまとめてみました。少しでも安心して手術を受けられるように、じっくりと読んでみてください。

目次

ICLの特徴は?

ICLの特徴は?

まずはICLの特徴を知っておく必要があります。目の中に専用のレンズを入れ込み、視界の悪さを解消してくれるものです。レーザーを使用しない手術で、目に負担がかからないことが大きなメリットで、白内障の方でも受けられるので、レーシックより気軽に受けられます。

また、ICLはいつでも取り外せるので、違和感があってもすぐに対応できます。レーザーで角膜に触れないことから、ドライアイのリスクもありません。レーシックに比べると、圧倒的にリスクや後遺症が出にくいです。

しかし、目の中の手術であることから、手術が怖いと感じることはデメリット。不快感や恐怖から、大きな不安を抱えてしまう方も少なくありません。さらに、レーシックと比べると、割高になってしまいます。

レーシックの手術費用は、約10万円~60万円が相場となります。それに対して、ICLは約30万円~70万円と、10万円以上高い相場となるでしょう。もちろん各クリニックによって、料金は大きく異なるので、事前に確認してください。

ICLのリスクとは

ICLのリスクとは

ICLは角膜と水晶体の距離が浅いと、視力低下のリスクがあります。特にスマートフォンを良く使う方は、通常より視力低下が起きやすいです。できる限り定期検診を受けて、視力に異常がないか確認しておきましょう。

さらに、頭部に衝撃を与えると、レンズが外れてしまうケースもあります。レンズが外れると再手術をしなければならず、高額な手術費用を用意し直さなければなりません。そのため、スポーツや格闘技をしている方は、ICLは受けない方が良いでしょう。

ICLの後遺症

ICLには、さまざまな後遺症が起きる可能性があります。リスクが少ない手術ではありますが、ちゃんと後遺症も知っておきましょう。

目に関する後遺症
目の充血
目の腫れ
目の痛み・かゆみ
涙が止まらない
目のかすみ・ぼやけ
ハロー・グレア
虹彩炎
感染症
角膜内皮障害
緑内障・白内障

ICLの手術を受けると、目の充血や腫れ、痛みやかゆみが起きる可能性があります。基本的には1週間から2週間ほどで元通りになりますが、長く続くようなら病院へ行きましょう。さらに、術後から目のかすみやぼやけが出ることもあります。約1ヶ月~3ヶ月ほどで視力は安定しますが、慣れない内は不安を感じてしまうでしょう。レンズのズレによって、視力が低下することもあるため、早めに病院へ行って、相談してください。

また、度数に合わせたレンズを入れますが、度数が変わることがあります。ある程度視力が安定してきたら、視力矯正手術を受けて視界を広げなければなりません。

ハロー・グレア、虹彩炎、感染症の可能性もある

レーシックより可能性は低いですが、ハロー・グレアが起きるケースがあります。普段と比べて異常にまぶしさを感じる、光の輪が見えるときには、ハロー・グレアの可能性があります。基本的には数ヶ月以内に収まりますので、あまり気にしないようにしてください。

また、同じくまぶしさを感じる後遺症として、虹彩炎の可能性があります。虹彩炎になると、目の充血や痛みが止まらなくなります。なるべく早く病院に行き、薬治療を受けるようにしてください。

さらに、手術の傷口から感染症を起こす可能性があります。手術から2週間は傷口が開くことがあるため、十分に注意してください。その上、1ヶ月間は細菌が入りそうな場所へ行ってはいけません。病院で感染病になっていることがわかったら、先生の指示に従いながら、目薬は欠かさないようにしてください。

角膜内皮障害

膜は黒目を覆っている透明な膜で、目の水分を調節する働きがあります。角膜内皮障害が起きると、視力が低下してしまい失明してしまうケースがあります。ズキズキと目が痛むことも特徴なので、違和感があるときには病院へ行きましょう。

角膜内皮障害は基本的には目薬や内服薬、点滴や手術によって治療します。症状が悪化してしまうと、角膜移植が必要になる場合もあります。ICLの後遺症として起きる可能性は少ないですが、十分に気をつけておきましょう。

緑内障・白内障になるケースもある

これまでのICLは目の眼圧が上昇してしまうことから、後遺症として緑内障になるケースがありました。最近の技術力では、緑内障になる可能性はグッと下がりましたが、0%に近づいています。ただ、緑内障になると、少しずつ視力が低下してしまい、失明してしまうこともあります。そのため、ちゃんと病院で確認してもらい、できるだけ安全に手術を行いましょう。

また、ICL手術によって、白内障になるケースもあります。ICLが水晶体に触れてしまうと、約1.5%未満の可能性で白内障が起きてしまいます。白内障になると視界のかすみ、視力の低下、明るさによって視界の見え方が変わることが特徴です。ICLだけではなく、水晶体も取り出す必要も出てくるため、十分に注意しておきましょう。

ICLのリスクを知って手術の不安を取り除こう

ICLには細かいリスクや数多くの後遺症になる可能性があります。基本的には自然と収まる症状ばかりですが、合併症を引き起こしてしまうこともあります。

しかし、どれも確率が低く、さらにレーシックよりも安全と言われています。100%安心というわけではありませんが、不安を感じることはないでしょう。不安なことがあれば、医師に相談してみてください。もし合併症などが起きた場合は、治療をすれば大丈夫です。

また、正しくリスクや後遺症を知っておけば、後遺症が起きてもすぐに対応することができます。ICLを安心して受けられるように、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

福岡で人気のレーシック眼科口コミランキング

クリニック一覧

レーシック手術の基礎知識

ICL手術の基礎知識

目の病気の基礎知識

レーシックを超えた次世代治療 Lext(レクスト)