ICL手術の基礎知識

レーシックとの違いは?ICL手術の基礎知識

ICL(眼内コンタクトレンズ)は、「Implantable Collamer Lens」の略称で視力を回復させる治療法の一つです。

角膜を削って視力を矯正するレーシック手術とは異なり、目の内側にコンタクトレンズを挿入して視力を矯正するので、目への負担が少ない事が特徴です。

手術に使用されるレンズは生体適合性の高い素材でできているため、術後は半永久的に回復した視力を維持することが可能で、 万が一不具合が生じた場合は挿入したコンタクトレンズを取り出し手術を受ける前に戻せることが、レーシックと大きく異なるポイントです。

レーシックでは治療できないような強度近視も矯正できるため、近年注目を集める治療法となっています。

福岡で人気のレーシック眼科口コミランキング

クリニック一覧

レーシック手術の基礎知識

ICL手術の基礎知識

目の病気の基礎知識

レーシックを超えた次世代治療 Lext(レクスト)