ICLは失敗しない?ICLのリスクと安全性を解説

ICLは失敗しない?ICLのリスクと安全性を解説

近年、視力回復への高い効果が期待されているICL手術を受ける患者さんが増えています。術後はまるで裸眼のようなクリアな視界を実感することができますし、その効果は半永久的なので、メガネやコンタクトレンズが不要になります。

そのため、現在視力の低下に悩んでいる方の中には、治療を検討している方もいるのではないでしょうか?しかし、手術を受けるにあたって伴うリスクや安全性が気になるという方は、眼科クリニックへの受診に悩んでいることでしょう。そこで、今回はICLのリスクや安全性についてご紹介していきます。

術後のリスクが低いって本当?

術後のリスクが低いって本当?

結論から言うと、ICLは低リスクで受けることができる視力回復手術となっています。手術では点眼麻酔を行った後に角膜を数ミリだけ切開して、そこから専用のレンズを挿入するといった方法で行われます。

つまり、手術による角膜への負担が少ないので、術後に違和感がある、ドライアイを感じるといったことがありません。そのため、手術の成功率は高くリスクの少ない治療となっています。

ちなみに、ICLと同様に認知度の高い視力回復効果を持つ手術として、レーシック手術が有名であることはみなさんも知っていることでしょう。しかし、レーシックは角膜を削り取るといった方法で手術が行われるため、ドライアイを発症するリスクが伴うと言われています。

ICL手術後の安全性は?

ICL手術後の安全性は?

手術の方法から成功率が高くリスクも少ない視力回復の治療なので、ICLの安全性は高いという結果が出ています。また、近年、視力回復治療にICLが選ばれている理由も、この安全性の高さにあります。

実際に治療を受けた患者さんの約90%以上は良好な視界を得ることができて、長期に渡って安定していることが報告されています。ちなみに、ICLで使用する専用のレンズは別名「永久コンタクトレンズ」と呼ばれており、異常が見られたり眼疾患が現れたりしなければ取り外し不要です。

また、仮に年齢を重ねることで発症しやすい白内障が見つかった場合は、レンズを取り外すことで適切な治療を受けられます。このように、術後の安全性は高い眼科治療となっているので、安全性に不安を感じている方でも治療に踏み切ることができるのではないでしょうか?

手術を受ける豊富なメリット

これまでの内容から、ICLは手術に失敗する可能性が低く、低リスクで高い安全性のある治療であることがお分かりいただけたと思います。しかし、ICLを受ける患者さんが増加している理由はリスクや安全性だけでなく、豊富なメリットがあることも理由の1つです。

そこで、ここでは手術を受ける豊富なメリットをまとめてみました。手術を受ける際には担当医から治療内容や術後の効果についての説明を受けることができますが、事前にどんなメリットがあるのかを知っておきたい方は多いはずです。それでは、それぞれのメリットについて一つひとつ見ていきましょう。

半永久的に裸眼での生活が可能

前章でもご紹介しましたが、手術で使用される専用のレンズは問題が発生しない限り取り外すことはありません。そのため、半永久的に裸眼で生活を送ることができます。視力が低下している方の多くは、メガネやコンタクトレンズを使用していると思います。

メガネの場合は常に装着している、または持ち歩く必要がりますし、コンタクトレンズなら使用のお手入れが欠かせません。しかし、裸眼での生活が可能になればこのような煩わしさから解放されるのは大きなメリットになるのではないでしょうか?

質の高い見え方を長期間維持できる

レーシック手術も視力回復効果を得ることができますが、ICLと比較すると見え方の質が大きく異なります。ICLの術後は裸眼と同様の見え方を実現できるので、色彩の変化がなく見たままの色を見ることができます。

しかし、レーシックの場合は1トーン暗い色彩で見えてしまうので、本来の色としてみることができません。また、ICLは半永久的な効果があるので、質の高い見え方を長期間維持できるのは、手術を受けるメリットになります。

眼疾患が見つかっても適切な治療を受けられる

術後にもしも眼疾患が見つかってしまった場合、専用レンズを取り出すことで疾患に応じた適切な治療を受けることができます。例えば、ICLを受けた数年後に白内障を発症してしまった場合でも治療は可能です。

白内障は年齢を重ねるごとに発症する可能性のある眼疾患なので、ICLを受けた患者さんによっては将来的に発症することも十分に考えられます。そのため、そうした将来的な目の安全も保障されているのは患者側として考えると嬉しいですね!

紫外線から目を守ることができる

紫外線は眼疾患を発症する原因の1つだと言われています。例として挙げている白内障の発症原因にも紫外線が含まれているそうです。そして、手術で使用される専用レンズは紫外線を90%以上遮断する効果を持っています。

低リスクで安全性は高いがデメリットもある

手術に対するリスクや安全性にはメリットばかりですが、手術を受けるまでの時間と手術費用の2点にデメリットがあります。まず時間に関してですが、患者さんに使用する専用レンズは全てオーダーメイド制となっています。そのため、手術前の検査後にレンズの発注を行うため、病院に届くまで手術を受けられないといった点が1つ目のデメリット。

そして手術費用ですが、ICL手術は自由診療になるため、治療費は全て患者さんが負担することになります。場合によっては医療控除を受けられますが、そうでない場合は高額な手術費用が必要になるのが2つ目のデメリットになります。

しかし、一度ICL手術を受けてしまえば半永久的な視力回復効果を得られますし、コンタクトレンズの購入費用と手術費用を比較すると安く済ませることができますよ!

ICLは低リスクで安全性も高く安心!

視力回復に効果的で有名なICLは、手術を受けるリスクが低く安全性は高い治療となっています。そのため、手術に不安を感じている方でも安心して治療を受けることができるでしょう。また、手術を受ける前には担当医から詳しい説明を受けることができるので、治療を検討している方はICL手術を行っている眼科クリニックを受診してみてください。

福岡で人気のレーシック眼科口コミランキング

クリニック一覧

レーシック手術の基礎知識

ICL手術の基礎知識

目の病気の基礎知識

レーシックを超えた次世代治療 Lext(レクスト)