ICL手術を受けられない人の特徴とそのほかの手術方法

ICL手術を受けられない人の特徴とそのほかの手術方法

後遺症や合併症のリスクが少なく、視力回復にとても効果的として知られている「ICL手術」。一般人だけでなく芸能人も受けている治療法なので、視力低下に悩む方の中にはICLを検討している方もいるのではないでしょうか?

そんなICL手術は、従来の視力矯正治療を受けられなかった人でも手術を受けることができる新しい眼科治療です。そのため、諦めていた視力回復を期待することができますよ!しかし、ICL手術は視力が低下している方なら誰でも受けられるという治療ではないことをみなさんは知っていますか?

今回は、ICL手術を受けられない人の特徴についてご紹介していきます。また、そのほかに受けられる手術法についてもまとめているので、視力の低下に悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

目次

リスクの少ない安全な視力矯正手術「ICL」

リスクの少ない安全な視力矯正手術「ICL」

視力矯正手術といえば、少し前までは角膜を削るレーシック手術が主流でしたが、後遺症のリスクが高いといったデメリットがありました。視力は回復してもドライアイや光がまぶしく感じるハロー・グレアなど、このような後遺症に悩む患者さんは多かったといわれています。

しかし、医療技術の進歩によって現在ではリスクが少なく安全性の高いICL手術が注目を集めています。この手術では専用レンズを角膜の内側に挿入するため、角膜を数ミリだけ切開します。

従来の手術方法と違って角膜にかかる負担を大幅に減少させているので、後遺症の発症率が少なく安全に健康的な視力を取り戻すことができる眼科治療となっています。そのため、最近では芸能人をはじめ、メガネやコンタクトレンズを使用できないスポーツ選手も手術を受けている方が多いといわれています。

また、術後のダウンタイムを終えて正常な視力を取り戻すことができれば、カラーコンタクトレンズの使用も可能なので、おしゃれを楽しむこともできますよ!そんな最新の眼科治療であるICL手術ですが、実は視力低下で悩む方でも手術を受けられない場合があります。

そのため、手術を受ける前には必ず適応検査が行われて、適応している方のみが手術を受けられることになります。もしこの記事を読んでいる方で手術を検討されている方は、一度専門医の在籍する眼科クリニックで検査を受けることをおすすめします。

ICL手術を受けるまでの流れ

リスクは少ないとは言え、自分が受けるかもしれない手術がどのように行われるのかは気になりますよね?ICL手術は角膜を切開するため、まず初めに麻酔を行います。この手術で使用されるのは点眼麻酔なので、痛みを感じることはありません。

その後は角膜を切開して専用レンズを挿入して位置調整を行い、最後に瞳孔を縮める点眼薬をして手術は完了となります。手術といっても大がかりなものではないので、両目の治療で約30分と短時間で終わります。ちなみに、手術中に痛みを感じることはないので、安心して治療を受けることができるでしょう。

また、入院の必要がないため術後は日帰りが可能となっています。しかし、手術当日はシャワーや入浴ができないなど、帰宅後の過ごし方には複数の注意点があります。詳しい説明は担当医から受けられるので、きちんと医師の言いつけを守りながら過ごすことが大切です。

ICL手術を受けられない人の特徴は?

ICL手術を受けられない人の特徴は?

上記ではICL手術を受けられない人もいるとご紹介しましたが、どのような人が該当するのでしょうか?調べてみたとこと、手術を受けられない人の特徴には以下のような項目が該当することがわかりました。

  • 年齢が18歳未満
  • 眼疾患を患っている
  • 散瞳後の瞳孔が8.0㎜未満の人
  • 症状の重い全身疾患を患っている
  • 角膜の裏側と虹彩の距離が狭い
  • ゼラチンアレルギーを持っている
  • 妊娠中や授乳中の人
  • 担当医の説明を理解できない人

これらはICL手術を受けられない人の特徴になります。年齢や妊娠中・授乳中、全身疾患やアレルギーなどは自覚できますが、その他の項目に関しては適応検査を受けなければわかりません。そのため、手術を受けたいという方は一度眼クリニックを受診して、きちんと検査を受ける必要があるでしょう。

ちなみに、手術を受けられない人の特徴にあるゼラチンアレルギーですが、これはコラーゲンに対する敏感症を持っている方のことを示します。というのも、手術で使用される専用レンズにはコラーゲンが使用されているため、その他の項目に該当しなくてもゼラチンアレルギーをお持ちの方は手術を受けられないようです。

また、担当医の説明を理解できない方は、安全な治療ができないため手術を受けることができません。仮に手術を受けることができても、術後のダウンタイムを医師の指示に従わずに過ごしてしまうと視力低下の再発や後遺症に繋がるので危険です。そのため、手術を受けたいという方は、説明でわからないことや疑問点があれば、担当医に質問をして納得できてから手術を受けることが大切です。

他に視力矯正ができる手術方法はあるの?

人によってはICL手術を受けられないので、他に受けることができる視力矯正手術を探している方は多いのではないでしょうか?しかし、さまざまな視力矯正手術にはICLと同じような適用条件があるため、他に受けられる手術はないようです。しかし、医療技術は日々進歩しているので、将来的には新な手術方法が生まれ、ICL手術を受けられない患者さんでも視力回復ができる日が来るかもしれませんね。

まずは眼科クリニックで適応検査を受けてみよう!

ICL手術は従来の視力矯正手術と比べて安全性の高い眼科治療なので、視力低下に悩む方の多くは手術を受けたいと考えていることでしょう。ですが、手術を受けられるかは適応検査を受けた結果次第なので、場合によっては治療ができないということもあります。

この場合、年齢や妊娠中などの理由であれば、将来的に手術を受けることができるでしょう。しかし、完治できない重度の全身疾患やアレルギーを持っている場合は、ICL手術を受けることができません。

他の適応条件に関しては検査を受けなければわからないので、まずは眼科クリニックで適応検査を受けてみることをおすすめします。また、検査で適応していなかった場合、現時点では他に受けられる視力矯正手術が存在しないため、メガネやコンタクトレンズを使った視力矯正を続けることになるでしょう。

福岡で人気のレーシック眼科口コミランキング

クリニック一覧

レーシック手術の基礎知識

ICL手術の基礎知識

目の病気の基礎知識

レーシックを超えた次世代治療 Lext(レクスト)