ぶどう膜炎とは?症状・原因・治療法をわかりやすく解説

ぶどう膜炎とは?症状・原因・治療法をわかりやすく解説

みなさんは「ぶどう膜炎」という眼疾患を知っていますか?あまり聞きなれない病名なので、どのような症状が現れるのか、何が原因でどのような治療が行われるのかなど、この病気について知らない方は多いでしょう。

しかし、ぶどう膜炎は合併症を伴う危険性がありますし、最悪の場合は失明する可能性のある恐ろしい眼疾患の1つです。今回は、そんなぶどう膜炎について、症状や発症原因、治療法などをご紹介していきます。

目次

1. 合併症を伴いやすい「ぶどう膜炎」

コンタクトレンズをつけたまま寝る

ぶどう膜炎は聞きなれない眼疾患なので、どういった病気なのかを知っている方は少ないと言われています。そのため、病名を聞いても「それってどんな病気なの?」と疑問に感じる方が多いので、この記事を読んでいるあなたも「そんな病気があるんだ!」と初めて知ったのではないでしょうか?

この病気は、眼球内部を囲むように広がっている「ぶどう膜」が、何らかの原因によって炎症を起こしてしまう目の病気です。ぶどう膜は眼球を構成している「虹彩」「毛様体」「脈絡膜」など、隣接する部分に栄養や酸素を運ぶ重要な役割を果たしています。

そのため、ぶどう膜が炎症を起こしてしまうと正常な働きができなくなってしまい、視界を妨げるような症状や痛みなどのさまざまな症状を発症してしまい、さらには白内障や緑内障などを発症するなど、合併症を伴いやすい病気となっています。

また、ぶどう膜炎は重症になることもあるため、最悪の場合は失明する危険性があるので、大切な視力を守るためにも早期発見と治療が重要になるでしょう。しかし、早期発見やいち早い治療を行うには、発症した場合に起こる症状を知っておく必要があります。それでは、ぶどう膜炎を発症するとどのような症状が起きてしまうのでしょうか?

2. 発症した場合は自覚症状が現れる

発症した場合は自覚症状が現れる

ぶどう膜炎を発症すると自覚症状が現れるので、知っていくことで症状の悪化を抑えることはもちろん、合併症や失明の危険から守ることができると言われています。そんなぶどう膜炎の症状ですが、代表的なもので「目の充血」「痛み」「視力低下」「目のかすみ」などが挙げられています。

他にも、光を異常に眩しく感じる、常に涙っぽい状態、虫が飛んでいるように見える飛蚊症のような症状が現れることもあります。また、症状が悪化すれば眼球に鈍い痛みを感じる、近くにあるものや文字を見ると痛みを感じるなどの症状もあるようです。

このように、ぶどう膜炎を発症すると普段とは異なる異変を自分自身で感じることができます。現時点でご紹介した症状に1つでも該当する方は、一度お近くの眼科を受診して詳しい検査を行ってもらいましょう。

仮に検査を受けてぶどう膜炎ではなかったとしても、高齢者の場合は他の眼疾患の早期発見に繋がる場合があります。白内障や緑内障は高齢者に代表的な病気なので、検査をきっかけに発症していることが発覚することも少なくありません。

3. 主な発症原因は大きく分けて3種類

どんな病気にも発症するには何かしらの原因があり、ぶどう膜炎には大きく分けて3つの原因があると言われています。まず1つ目の原因は、ウイルスや細菌に感染して発症する「外因性」です。

その名の通り外から受ける病原菌が原因でぶどう膜炎が炎症を起こしてしまい、充血や目のかすみといった症状を発症してしまいます。また、自宅内に発生しやすいカビも発症の原因となるので、生活環境にも注意が必要になるでしょう。

2つ目の原因は、免疫異常を起こす疾患を抱えている「内因性」です。体内のさまざまな器官に肉芽腫ができてしまう「サルコイドーシス」、メラノサイトを攻撃する「原田病」など、これらの病気は自身の免疫の異常な働きによって発症する有名な病気です。

特に、眼球内にはメラニン色素を豊富に含む組織があるので、メラノサイトを攻撃してしまう原田病を患っている方はぶどう膜炎を発症する可能性が高いと言われています。眼に全く関係のない病気でも、合併症としてぶどう膜炎を発症する可能性があるようです。

そして3つ目の原因ですが、外因性でも内因性でもなく、原因不明の状態で発症することがあるようです。病院でぶどう膜炎と診断された場合は、原因を突き止めるためにさまざまな検査を行いますが、場合によっては全く原因がわからないこともある眼疾患となっています。

4. 合併症を防ぐために炎症を抑える治療を行う

病気によっては治療で完治できるものもあれば、一生付き合っていかなければならない病気もあります。そして、ぶどう膜炎の場合は完治できる場合もあるそうですが、ほとんどの場合は完治することが難しいと言われています。

そのため、治療法としては合併症を防ぐために、ぶどう膜の炎症を抑える治療を行うと言われています。そんなぶどう膜炎の治療にはステロイド薬が効果的とされていて、点眼薬による治療や目の周りに注射をするといった治療を行います。

治療の経過でステロイド薬の使用が不要だと判断された場合は、他の抗炎症薬の使用に切り替えられます。また、眼球の状態や症状によっては痛みを和らげる散瞳薬(さんどうやく)が使用されることもあります。

これまでにご紹介した治療法は一般的なものなので、具体的な治療法は患者さん一人ひとりで異なります。そのため、目に異常を感じている、またはぶどう膜炎の症状が出ている方は、まず病院を受診して適切な治療を受けるようにしましょう。

5. 症状が現れたらすぐに眼科を受診しよう!

あまり聞きなれない「ぶどう膜炎」と呼ばれる眼疾患ですが、原因が判明できる場合もあれば不明という場合もあるようです。さらに、発症するとほとんどの場合が完治できない可能性が高いので、一生付き合っていかなければならない病気です。

しかし、完治できなくても症状を抑える治療を続けることで症状の悪化はもちろん、合併症の危険から大切な目を守ることができます。治療が遅れたり放置したりすると最悪の場合は失明する恐ろしい病気なので、異変を感じた方やご紹介した症状に当てはまる方は、すぐにでも眼科を受診して精密検査を受けてみてください。

福岡で人気のレーシック眼科口コミランキング

クリニック一覧

レーシック手術の基礎知識

ICL手術の基礎知識

目の病気の基礎知識

レーシックを超えた次世代治療 Lext(レクスト)