原因はアデノウイルス?ウイルス性結膜炎の症状や治療法を解説

原因はアデノウイルス?ウイルス性結膜炎の症状や治療法を解説

眼球の表面を薄く覆っている結膜が炎症を起こしてしまう「結膜炎」。誰もが聞いたことのある有名な眼疾患ですし、この記事を読んでいる方の中には過去に患ったことがあるという方もいるのではないでしょうか?

そんな結膜炎ですが、ウイルスによる炎症が原因で起こる「ウイルス性結膜炎」という病気もあります。この場合の原因は有名な感染症である「アデノウイルス」が原因だと言われています。また、ウイルス性結膜炎には特効薬が存在しないと言われているため、完治できるのかと不安を感じる方も多いのではないでしょうか?

そこで、今回はウイルス性結膜炎について症状や治療法などをわかりやすくご紹介していきます。ウイルス感染はいつ誰がなってもおかしくないので、「自分は大丈夫!」という保証はどこにもありません。結膜炎の疑いがある方はぜひこちらの記事を参考にしてみてください。

目次

そもそも結膜炎ってどんな病気?

そもそも結膜炎ってどんな病気?

まず結膜炎と呼ばれる眼疾患ですが、角膜の周りを覆っている薄い膜である角膜が炎症を起こしてしまい、充血やめやに、涙が出るといった症状が一般的です。症状によってはかゆみを伴うことや、まぶたが腫れてしまうこともあるようです。

また、すぐに病院を受診して適切な治療を受ければ問題ありませんが、放置して症状が悪化すると視力が低下するといった後遺症が残る場合があると言われています。どんな病気も早めに治療を受ければ元の健康的な状態に戻すことができますが、悪化するまで放置すると健康的な目を失ってしますので、すぐに病院を受診することが大切です。

ウイルス性結膜炎の主な原因は「アデノウイルス」

流行り目ともいわれているウイルス性結膜炎ですが、発症の原因にはウイルスやクラミジアといった病原菌、ハウスダストや花粉などのアレルギーによって発症すると言われています。

中でも、ウイルス性結膜炎の主な原因となっているのが、さまざまな感染症を引き起こす「アデノウイルス」です。その理由は、アデノウイルスは他のウイルスや細菌と比べて感染力が非常に強く、人から人へと移ってしまいます。

また、感染している本人がウイルス性結膜炎である自覚がなく、大勢の人が滞在する場にいた場合は、何らかが原因で移される可能性が高いです。さらに、この眼疾患はプール熱の原因ともいわれている病気なので、夏の時期に学校の授業で入るプールなどで感染してしまうことがあります。

そんなウイルス性結膜炎は、免疫力の低下をはじめ、目のケガや病気などで免疫力が低下している方が感染しやすいと言われています。発症すると完治するまでに最低でも1週間はかかってしまうので、可能であれば対策をしておくことが大切です。

ウイルス性結膜炎の主な症状

ウイルス性結膜炎は5日~2週間の潜伏期間があるため、感染してもすぐに症状が発症するわけではありません。しかし、潜伏期間を過ぎると普段よりもめやにや涙が出てくるようになり、人によっては光を異常に眩しいと感じるようです。

また、次第にまぶたが腫れてくる、白目が充血するなどの症状も現れるため、自身で症状を自覚することができます。他にも、症状が目だけでなく、耳付近のリンパ節が腫れるなどの症状が現れる場合があるため、普段との違いや異常に気づいた場合はすぐに病院を受診することをおすすめします。

ちなみに、ウイルス性結膜炎の感染者が増えるのは夏場に多く、大人よりも小さなお子さんが感染するケースが多いと言われています。しかし、感染力の強いアデノウイルスが原因となる結膜炎は大人でも感染する可能性が非常に高いので、人の集まる場所や感染しやすいプールでの遊泳後は注意が必要です。

主な治療は抗菌薬を使った点眼治療

主な治療は抗菌薬を使った点眼治療

原疾患の中には一生の付き合いが必要な完治できない病気もありますが、ウイルス性結膜炎は適切な治療を受けることで完治することができます。そんなウイルス性結膜炎の主な治療法は、ウイルスを殺すための抗菌薬を使った点眼治療となっています。

また、感染が原因で角膜が濁っていたり、不快な症状を和らげたりといった目的で、ステロイド点眼薬や非ステロイド性抗炎症点眼薬などを使用することもあります。これらの点眼薬は患者さんの症状に合わせて適切な薬が処方されるので、医師の指示に従って正しく使用することで、早ければ3週間ほどで完治することができます。

しかし、症状がひどい場合は点眼薬を正しく使用していても、患者さんによっては完治までに約1ヶ月かかります。とはいえ、完治までに時間がかかるのはとても不安なので、あまりにも長引くようであれば再度眼科を受診して目の状態を検査してもらうと良いでしょう。

感染後は完治するまで出社・登校は控えること

今回ご紹介しているウイルス性結膜炎は感染力の非常に強いウイルスが原因。完治するまでは、会社や学校への出社・登校は控える必要があります。感染経路は主に手を介して移ると言われているため、無意識に眼を触った手で人に触れると感染を広げる恐れがあります。

特に、小さな子供の場合は自分自身で注意することが難しいですよね。完治する前に幼稚園や保育園に通っていると、他の幼児にまで感染させることになります。そのため、自分自身はもちろんですが、お子さんや家族が感染している場合は自宅でも注意しつつ、完治するまで自宅で安静にするようにしてください。

普段から感染しないための予防をしておこう!

アデノウイルスが主な原因となるウイルス性結膜炎は、普段からの注意や予防を心掛けることで感染を防ぐことができるでしょう。いろいろなものを触った手で目や顔周りを触らない、外出先から帰ったら手を洗うなど、簡単な方法で感染から身を守ることができます

また、感染者が増加する夏場は、プールを介して感染する可能性が高くなることが考えられます。そのため、自分自身はもちろん、お子さんの状態を気にかけておくことで、症状が悪化する前に早期治療を受けることができるでしょう。

福岡で人気のレーシック眼科口コミランキング

クリニック一覧

レーシック手術の基礎知識

ICL手術の基礎知識

目の病気の基礎知識

レーシックを超えた次世代治療 Lext(レクスト)