緑内障で飛行機に乗るのはNG?ほかに悪化する原因は?

緑内障で飛行機に乗るのはNG?ほかに悪化する原因は?

目の病気として有名な緑内障は、眼球の圧力が異常に高くなることで発症するといわれています。そのため、休日の旅行や仕事での出張で飛行機を利用する方の多くは、「緑内障だけど飛行機に乗って大丈夫なの?」と不安に感じている方が多いようです。

確かに、飛行機は高い上空を飛ぶ乗り物なので、気圧の関係で目に影響があるように感じますが、実際のところ緑内障に関係あるのでしょうか?今回は、緑内障で飛行機に乗っても大丈夫なのかについてご紹介していきます。

また、その他で緑内障を悪化させる原因についてもまとめてみました。緑内障の治療を受けている方、緑内障の可能性があるという方は、ぜひ参考にしてみてください。

目次

そもそも緑内障ってどんな病気?原因は?

そもそも緑内障ってどんな病気?原因は?

そもそも緑内障がどのような目の病気なのか、みなさんは知っていますか?視力に関わる目の病気ということは知っていても、具体的な症状や原因を知っている方は少ないようです。

ここでは、緑内障がどのような病気なのか、何が原因で発症するのかについてご紹介していきます。最近目の調子が悪いという方は、もしかすると緑内障を発症しているかもしれません。目に不調を感じている方は、ぜひ参考にしてご自分の症状と照らし合わせてみてください。

視界が徐々に失われていく目の病気

緑内障は眼球内部の眼圧が異常に上昇し、視神経を圧迫することで徐々に視界が失われていく目の病気です。はっきりとした初期症状を感じにくい病気なので、気がついたときにはすでに症状が進行しているという方が多いです。

ちなみに、初期段階であれば視界に黒くて小さなシミ、または点のようなものが見えるようになります。視界のどこに現れるかは人それぞれですが、両目でものを見ている状態では気づかない症状だといわれています。

症状が中期になると、片方の目で見たときにハッキリとした黒いシミが見えるようになります。しかし、初期症状と同じく両目でものを見ている場合、正常な方の片目が視界を補正しようとしてしまうため、気づかない場合が多いです。

ですが、末期段階まできてしまうと正常な方の片目でも補正が効かず、両目で見ている状態で視界が狭くなっていることがわかるようになります。さらに、末期段階まで来るとほとんどの視界が失われてしまい、手遅れの状態となってしまいます。

そのため、視界に異常を感じた場合は早急にお近くの眼科クリニックで検査を受け、適切な処置を受けることが大切です。最悪の場合は失明の可能性もあるため、異常に気づいた時点で診察を受けましょう。

年齢や遺伝によって発症することもある

緑内障は基本的に年配の方が発症する目の病気ですが、人によっては遺伝が原因で発症する方もいるといわれています。そのため、若い年齢の方でも発症する可能性があるため、「自分は大丈夫!」と安心するのは危険です。

現代社会ではパソコンやスマートフォンの使用によって、目を酷使している方が多い時代です。そのため、誰がいつ発症するかわからないので、若い年齢の方でも今のうちから目を大切にすることをおすすめします。

最近ではブルーライトをカットできるメガネや、スマートフォンの保護シートなどが販売されています。パソコンを使った仕事をされている、またはスマートフォンの使用頻度が多い方は、このようなアイテムを使ってみてはいかがでしょうか?

早期発見で症状の進行を遅らせることが可能

緑内障は白内障と違い、治療を行っても完治できる目の病気ではありません。しかし、早期発見をすることができれば、適切な治療を受けることで症状の進行を遅らせることが可能です。

そのため、視界の一部は失われているかもしれませんが、それ異常悪化させる心配がないため、できるだけ早めの処置が大切になります。定期的に片目で見える視界を確認して、「なんだか視界がおかしい」と感じたときは、すぐに病院で緑内障の検査を受けてみてください。

緑内障の人は飛行機に乗ってはいけない?

緑内障は眼球内部の圧力に異常が生じることで起こる病気なので、気圧の変化が気になる飛行機への搭乗を心配される方が多いです。飛行機に乗ったときにお菓子の袋が張り裂けそうなくらい膨れ上がる、耳が詰まったような感覚がするのは、気圧の変化が原因となっています。

そういった気圧の変化を感じる飛行機ですが、緑内障の方でも安心して乗ることができるのでしょうか?調べてみたところ、飛行機な内部は地上よりも低い気圧に保たれているため、緑内障の方が乗っていても問題ないということがわかりました。

確かに離陸や着陸のときには気圧の変化を感じますが、一時的なことなので症状を悪化させるといった心配はないといわれています。そのため、旅行や仕事の出張で飛行機を利用することがあっても、緑内障の心配をせず安心して乗ることができるでしょう。

ですが、「もし何かあったらどうしよう・・・」と不安に感じる方は、事前に眼科クリニックの医師へと相談することをおすすめします。専用のお薬を処方してもらえるはずなので、飛行機に乗る際は忘れずに持ち歩くようにしておきましょう。

緑内障を悪化させてしまうその他の原因は?

緑内障を悪化させてしまうその他の原因は?

緑内障の方でも安心して飛行機に乗れることはわかりましたが、その他に症状を悪化させてしまう原因には何があるのでしょか?もしかすると、何気ない行動が症状を悪化させる原因になっているかもしれないので、どんなことに注意すべきなのかは知っておきたいものです。

ここでは、緑内障を悪化させてしまうその他の原因について、5つの注意点をご紹介していきます。せっかく治療を受けていても、悪化させてしまっては本末転倒なので、緑内障の方はぜひ参考にして自分の行動を見直してみてください。

脂っこいものばかり食べている

毎日の食事で脂っこいものを食べている方は、食事の偏りによって肥満になってしまい、その肥満は緑内障を悪化させる原因となってしまいます。肥満の方は健康的な方に比べて眼球の圧力が高くなりやすいため、毎日の食事には十分な注意が必要です。

また、脂っこい食事は緑内障だけでなく、さまざまな病気の引き金になってしまいます。少しでも緑内障の進行を抑え、健康的な体を維持するのであれば、バランスの良い食事を心がけることが大切でしょう。

お酒をたくさん飲んでいる

緑内障の方の中にはお酒が好きな人もいると思いますが、飲み過ぎは眼球の圧力を高める原因となるので危険です。ですが、毎日お酒を飲んでいても適量であれば、かえって眼球の圧力を下げる効果があるといわれています。

つまり、過剰な飲酒は緑内障の症状を悪化させてしまいますが、晩酌程度であればお酒を飲んでも問題ないようです。1日缶ビール1本というように、アルコールの摂取量を自分で決めておくと良いでしょう。

コーヒーを1日3杯以上飲んでいる

コーヒーを1日に3杯以上飲んでいるという方は、緑内障の症状を悪化させてしまうので注意が必要です。コーヒーに含まれるカフェインは眼球の圧力を高めてしまう効果を持っているため、飲み過ぎは非常に危険です。

ですが、1日2杯までであれば、緑内障の方でも症状を悪化させる心配がなく、安心して飲むことができます。お酒と同じように飲みすぎることが問題なので、適量であれば毎日飲んでいても問題ないでしょう。

花粉症の治療でステロイドを処方されている

花粉症の治療でステロイドを処方されている方は、緑内障の症状を進行させてしまうので危険です。すでに緑内障の方であれば、花粉症の治療にステロイドを処方することはないでしょう。

しかし、ステロイドは眼球の圧力を高める効果を持っているため、緑内障になっていることに気づかずに使用していると大変危険です。自分が緑内障であることに気づかず、ステロイドを使用して末期状態になった方もいるようなので、ステロイドを処方された場合は注意が必要です。

瞬発的に力を使う行動をとる

瞬発的に力を使う行動は体中にかなりの圧力が加わるため、緑内障の方は注意が必要です。健康や趣味でスポーツをしている、トイレをするときに力んでしまうなど、このような行動には注意が必要です。

また、カラオケで大きな声を出すのも体に圧力がかかってしまうため、あまりおすすめできません。普段当たり前のようにとっている行動が緑内障を悪化させてしまうので、大切な視力を守るためにも十分注意してください。

ストレスや疲労が溜まっている

ストレスや疲労は緑内障を発症させる原因の一つといわれているため、仕事で残業が多い方は生活習慣の乱れは緑内障を悪化させる原因となるようです。そのため、ストレスの解消法を試す、または規則正しい生活習慣によって疲労を改善することが大切です。また、ストレスや疲労は他の病気を招く危険性もあるため、健康を維持するためにも注意しておきましょう。

緑内障でも飛行機に乗ることはできる

飛行機の内部は一定の気圧に保たれている状態なので、緑内障の方でも安心して乗ることができます。離陸や着陸時には気圧の変化を感じますが、特に問題ないので心配する必要はないでしょう。

しかし、日常的な行動の中には緑内障を悪化させるものがあるため、眼球の圧力を高める行動は控えることをおすすめします。緑内障は完治することができない病気なので、こちらの記事を参考にして、緑内障の進行をできるだけ抑えるように気をつけてください。

福岡で人気のレーシック眼科口コミランキング

クリニック一覧

レーシック手術の基礎知識

ICL手術の基礎知識

目の病気の基礎知識

レーシックを超えた次世代治療 Lext(レクスト)