病気か遺伝か?視力が下がってきたと感じた時に確認すべきこと

病気か遺伝か?視力が下がってきたと感じた時に確認すべきこと

「ものが見えづらくなってきた」「視界が霞んでしまう」「目がチカチカする」といった症状はありませんか?もしかしたら視力が下がってきていたり、何か目の病気になっていたりするのかもしれません。目の違和感の原因が遺伝なのか、病気なのか、詳しくご紹介しますので、心当たりのある方は病院などに行くようにしましょう。

目次

視力低下は病気が原因?

視力低下は病気が原因?

視力が下がってしまう原因の多くは、病気を伴っています。もし、目の違和感や視力の低下が急に訪れた場合、片目だけ見えにくい場合などは病気の可能性が高いです。目の病気というのは早期発見が必須です。発見が遅れてしまうと失明につながってしまうこともあります。

視力低下に関わる目の病気とは?

視力低下に関わる病気にはどんなものがあるのでしょうか?

白内障(はくないしょう)

白内障は、目の中の水晶体が年齢とともに白く濁ってしまい、視力が低下してしまう病気です。水晶体とは、カメラのレンズのような役割を担っている組織です。この水晶体で外から入ってくる光を集めてピントを合わせます。

異常がない場合は透明なこの組織ですが、白内障になってしまうと水晶体が白く濁ります。濁ってしまうと、集めた光が眼底にうまく届かなくなってしまうため、視界が霞んだり、暗い時と明るい時で見え方が違ったり、光がやけに眩しく感じたり、視力が低下したりします。

網膜剥離(もうまくはくり)

網膜剥離は、目の中にある網膜という膜が剥がれてしまい、視力が低下してしまう病気です。網膜とは、目の中に入ってきた光を刺激として受け取って、脳の視神経に伝える組織です。水晶体がレンズなら、網膜はフィルムですね。網膜は剥がれても痛みを伴いません。

この網膜剥離の前兆は、飛蚊症が挙げられます。また、網膜の中心部分の黄斑部分まで剥がれてしまった場合、急激な視力の低下ののち、失明に至る恐れがあります。

加齢黄斑変性(かれいおうはんへんせい)

加齢黄斑変性は、物を見る時にとても重要な働きをする黄斑という網膜の中心部分の組織が加齢とともにダメージを受けて変化してしまい、視力の低下がおきてしまいう病気です。

私たちが普段物を見る時は、目の中に入ってきた光を網膜という組織で刺激として受け取ります。その刺激を脳の視神経に送ります。その網膜の中心部分が黄斑です。黄斑が変化してしまうと、見ているものが歪んで見える、視界の中心が黒くなるor欠けて見える、視力が低下するなどの症状が出てきます。加齢黄斑変性は、糖尿病網膜症(後述)や緑内障とともに進行や発病で失明になってしまう危険のある病気として注意が必要です。

糖尿病性網膜症(とうにょうびょうせいもうまくしょう)

糖尿病性網膜症は、生活習慣病の1つである糖尿病が原因で目の中の網膜が障害を受け視力が低下してしまう病気です。網膜は目の中に入ってきた光を刺激として受け取って脳の視神経に伝達する組織です。

糖尿病性網膜症は、糖尿病腎症、糖尿病神経症と並んで糖尿病の三大合併症と言われています。定期的な検診、早期発見早期治療を行うことができれば病気の進行を抑えることができます。しかし、実際は日本における中途失明の原因になる代表的な病気の1つです。生活習慣には気をつけましょう。ちなみに、糖尿病性網膜症は病気の進行とともに変化していきます。

  • 初期……自覚症状はまだありません。しかし、しっかりと調べてみると目の中の血管から出血し、小さな異常が現れています。
  • 中期……自覚症状は視界が霞むなど。この時点で目の中の血管が詰まってしまっています。
  • 末期……視力の低下がおきます。他にも飛蚊症がおこり、失明に至ります。
    目の中で大きな出血が起こる、もしくは上記に書きました網膜剥離、緑内障などの病気を併発していることもあります。

網膜中心動脈閉塞症(もうまくちゅうしんどうみゃくへいそくしょう)

網膜にある動脈が詰まってしまう病気です。中心動脈にある血管が詰まってしまうと血液は当然流れなくなってしまいます。すると、血液が流れてこなくなってしまった網膜は1時間から2時間で壊死してしまいます。多くの場合は片目だけ発症し、両目同時ということは少ないようです。きっかけは大体3種類。

  • 網膜動脈に動脈硬化がおきてしまう
  • 他の部分の血管で作られた血栓が網膜動脈で詰まる
  • 網膜動脈が炎症をおこす

など。いずれも心臓病や動脈硬化、高血圧などとの関連が深いです。症状はどの部分で閉塞がおきたかでかわってきます。網膜が部分的に壊死する網膜動脈分岐閉塞症になると視野欠損などの症状に、動脈の根元で詰まってしまい網膜全体が壊死する網膜中心動脈閉塞症では急激な視力の低下ののち失明する可能性があります。ほとんどの場合、症状は急にあらわれますが、網膜の瞬間的な虚血によって数秒間目の前が暗くなる一過性黒内障や頭痛、目の奥の痛みを感じるケースもあるようです。

視力の低下を感じた時の対策

視力の低下を感じた時の対策

急激な視力の低下を感じた場合、上記の病気になっている、もしくはなりかけているサインに可能性があります。病気は早期発見して損はありません。お近くの眼科やクリニックを受診して、先生に視力のお話を聞いていただきましょう。

また、ご家族の方に視力の急激な低下などがある場合も、病院へ行くことをすすめましょう。

遺伝と視力低下の関係

ここまで目の病気について書いてきましたが、ここからは目が悪くなるのに遺伝は関係あるのかを書いていきます。病気以外で視力低下を起こす場合、可能性として挙げられるのは近視、遠視、乱視の3つです。これらは「何らかの原因でピント調節がうまくいっていない状態」です。

上記でも何度か書いていますが、目の中にはレンズの役割をする角膜・水晶体、フィルムの役割をする網膜があります。見ている対象との距離によりレンズの役割をしている角膜・水晶体が調節をおこなって、フィルムの網膜に見た映像を投影します。しかし、調節がうまく機能しないと、ぼやけて見えてしまいます。

ぼやける原因は?

人間は成長して身長が伸びていきます。もちろん目も大きくなります。この成長で、目のレンズの調節力よりも目が大きくなってしまった場合、網膜に映像が届かず、近視になってしまいます。この症状を「軸性近視」といいます。また、生まれつき目が小さく、ピントがフィルムの後ろに行ってしまうものを「軸性遠視」といいます。目が変形することもあるようです。

軸性近視、軸性遠視は遺伝が多い?

もともとの目の大きさに由来する「軸性近視」と「軸性遠視」は、遺伝の可能性が高いと言われています。また、軸性近視の方は、メガネなどを外してしまうと生活に支障をきたす、むしろ生活ができない!というほどの度数の強い近視の方が多いと言われています。

しかし、必ずしも遺伝が原因とは言えません。視力には生活環境が大きく関わっています。大人になって視力が落ちた方は、おそらく年齢的なものが多く、また、お仕事やプライベートで使うことの多くなったであろうパソコンやタブレット、スマートフォンも原因に挙げられます。

視力低下の対策はある?

「軸性近視」と「軸性遠視」のように遺伝や遺伝子に原因がある可能性も事実ですが、上記の通り、生活環境が視力不良を起こす原因になっている場合がほとんどです。例えば、暗い部屋と明るい部屋で寝た場合、暗い部屋で寝ている人の方が近視になる割合が少ないという実験結果があります。

また、スマートフォンや携帯ゲーム機など、小さな画面の中をせわしなく目で追ったりしていると、眼精疲労がどんどん溜まっていきます。ゲームだけでなく、会社の書類などもスマートフォンで確認できるようにもなりつつあります。便利ではありますが、これも小さな画面の小さな文字を読まなくてはいけません。

これらは生活していく中で必要なことなので、一概に使わないようにすることはできません。なので、使用時の姿勢に気をつけたり、目が疲れた時は温かいタオルを目に当てて目や目の周りの筋肉を休ませたり、ゲームなどの時間を少なくするなどの対処をしてみましょう。

まとめ

普通の外科や内科と違い、眼科などの専門的な病院は行く機会が少ないかと思います。しかし、目というものは使えなくなってしまうと困ってしまう体の機関です。病気の早期発見、早期治療でこれからの生活もぐっと変わることでしょう。精密検査とまではいきませんが、視力検査や眼圧検査などはその日に受けることができるので、1度お近くの眼科や眼科のある総合病院、クリニックにお電話してみるのはいかがですか?

福岡で人気のレーシック眼科口コミランキング

クリニック一覧

レーシック手術の基礎知識

ICL手術の基礎知識

目の病気の基礎知識

レーシックを超えた次世代治療 Lext(レクスト)