乱視を予防・進行を遅らせる方法は?ポイントを解説

乱視を予防・進行を遅らせる方法は?ポイントを解説

文字を読んでいるときや近くにあるものを見たりすると、今まではハッキリと見えていたものがぼやけて見えている方はいませんか?それは「乱視」が原因かもしれません。個人差はありますが早い方では40代から発症すると言われていて、年齢を重ねるごとに症状があらわれてくるようです。

そんな乱視ですが、実はちょっとした方法で予防や進行を遅らせることができることを知っていますか?今回は、乱視を予防する・進行を遅らせる方法についてご紹介していきます。

今はまだ症状が出ていない方でも、予防しておくことでいつまでも健康的な視力を維持することができるかもしれません。「まだ若いから大丈夫!」と考えるのではなく、年齢を重ねても正常な視力を維持するために、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

目次

乱視ってどんな症状?

乱視ってどんな症状?

現在、視力が正常な方は乱視がどのようなものなのかを知らない方は多いでしょう。そこで、まずは乱視の症状についてご紹介していきます。症状の度合いには個人差があると言われていますが、基本的な症状は同じです。

本来であればものを見た際に焦点が1点に集まることでピントを合わせ、ハッキリとその形の認識することができます。しかし、乱視になると1点に焦点が集まらないため、見たものが二重に見える、ぶれて見える、ぼやけて見えるなどの症状が現れます。

この原因は角膜が歪むことで起こると言われていて、目から入る光の屈折が乱れるため焦点が集まらなくなってしまいます。ちなみに、正常な人は角膜の形がキレイな円状になっていますが、乱視の人はラグビーポールのような楕円状になっているようです。

乱視には大きく分けて2種類ある

乱視には大きく分けて2種類ある

乱視には大きく分けて「正乱視」「不正乱視」の2種類に分類されると言われています。さらに厳密に言うと、正乱視の中にはさらに3種類に分類されていて、それぞれで見え方が異なると言われています。

また、正乱視と不正乱視では発症の原因が異なり、不正乱視の場合は若い方でも起こり得る可能性があります。以下では、そんな乱視の種類についてまとめてみたので、一つひとつ見ていきましょう。

角膜が楕円形になっている「正乱視」

人間の目は写真を撮影するカメラと同じような構造をしており、外から入る光を角膜・水晶体で屈折させています。そして、屈折によって外から入る光と1点に集めることでピントを合わせ、見たものをハッキリと認識する仕組みとなっています。

しかし、正乱視はピント調整に重要な角膜が楕円形になってしまし、外から入る光の屈せるが歪むことでぼやけた見え方をしてしまいます。そんな正乱視にはさらに3種類に分類されます。

  • 角膜が横向きになっている「直乱視」
  • 角膜が縦向きになっている「倒乱視」
  • 角膜が斜め向きになっている「斜乱視」

このように、楕円形になった角膜の向きによって種類が分かれています。それぞれの違いとして、直乱視は水平線、倒乱視は垂直線、斜乱視は斜めの線が見えづらいという特徴があります。

また、見え方としては暗い場所では見えづらいという点が全てに共通しています。一般的には両目に症状が現れることが多いようですが、人によっては片目だけに現れることもあるようです。

角膜の表面に凹凸が生じている「不正乱視」

正乱視は加齢によって現れることが多い乱視ですが、不正乱視は目の病気やケガが原因で発症すると言われています。そのため、角膜が楕円になっているわけではありませんが、病気やケガによって角膜の表面に凹凸が生じてしまい、乱視の症状が現れると言われています。

角膜の表面に凹凸ができることで外から入る光の屈折が正常にできないため、見たものが潰れているような見え方をするようです。不正乱視は年齢に限らず起こり得る症状なので、スポーツをしている方や眼疾患を患っている方は注意が必要かもしれません。

乱視の予防や進行を遅らせる3つの方法

乱視について症状や種類などについてご紹介してきましたが、自分に当てはまるものがあったという方はいませんか?もし該当する症状がなかった、またはあったという方でも、乱視の予防や進行を遅らせる方法があります。

ここでは、そんな予防や進行を遅らせる方法について、3つのポイントをまとめてみました。今は健康的な視力の方はもちろん、乱視の疑いがある方も、以下でご紹介する方法を実践して正常な視力の維持と症状の悪化を防ぎましょう。

日中に外出にはサングラスを使用する

紫外線は角膜に悪影響を与えると言われていて、乱視だけでなくさまざまな眼疾患の原因の1つとも言われています。そのため、日中の外出時にはサングラスを使用することで、紫外線から受ける刺激を避けることができるでしょう。

また、使用するサングラスはUVカットの数値が高いものが効果的です。乱視に加えて眼病予防の効果もありますし、簡単で手軽にできる予防法なので試してみてはいかがでしょうか?

目の健康を維持するサプリメントを摂取する

健康補助食品として販売されているサプリメントの中には、目の健康維持に必要な成分を豊富に含んだものもあります。有名なもので視力低下予防の効果を持つ「ルテイン」、目のピント調整に必要な「アスタキサンチン」など、このような成分を含むサプリメントは予防効果や進行を抑える効果があると言えるでしょう。

また、デスクワークで目を酷使する仕事をされている方は、上記の成分と合わせて「ビタミンB1」「ビタミンC」も接種することをおすすめします。目の疲れを取り除く成分なので、乱視予防と目の健康維持のために試してみると良いでしょう。

目を細める癖を直す

ものを見る際に目を細めてみている方はいませんか?この癖は自覚のない方が多く、乱視になりやすい癖だと言われているようです。そのため、普段から目を細めていないかを人に聞いてみたり、もし癖が出てしまったら指摘してもらったりなど、周囲の人に協力してもらうと良いでしょう。

予防や進行の遅延は続けることが大切

ご紹介した乱視の予防や進行を遅らせる方法は、誰にでもできる手軽で簡単なものとなっています。しかし、いくら手軽で簡単だとは言え、続けていかなければ意味がありません。そのため、自分で続けられる工夫を行い、長期的に続けることが健康的な視力の維持や進行の遅延に繋がるでしょう。

福岡で人気のレーシック眼科口コミランキング

クリニック一覧

レーシック手術の基礎知識

ICL手術の基礎知識

目の病気の基礎知識

レーシックを超えた次世代治療 Lext(レクスト)