老眼治療に用いられるレーシック手術・リーディングアイの仕組みと費用

40代後半から50代前半にさしかかると、近くのものが見えにくくなってきたと感じることがあることでしょう。老眼が始まったと認めるのは難しいかもしれませんが、どんな人も年齢を重ねれば老眼になっていきます。しかしそのままずっと老眼が進んでしまうと、日常生活に支障をきたしてしまうかもしれません。細かい作業を仕事にしている方であればなおさらそう言えます。そんな時には老眼治療をして視力を回復するこ老眼治療とレーシック手術とが必要でしょう。思い切って手術をしようと思っても、現在ではいくつかの手法があるためどれが一番いいのか判断に迷ってしまいます。そこで老眼治療の代表的なレーシック手術と、現在急速に広まってきているリーディングアイという二つの手法の仕組みについて見てみましょう。さらにそれぞれの費用も比較してみましょう。

目次

老眼治療とレーシック手術

かなりの期間にわたって成果を収めてきた手術の一つがレーシック手術でしょう。今では多くの人がレーシック手術を受けており、視力を回復しています。それだけ自分の目にメスを入れることに抵抗感がなくなってきたということでしょう。レーシック手術はエキシマレーザーという光線を角膜に照射して屈折率を矯正し、物が良く見えるようにするという手法です。一般的な近眼や乱視の場合、この手法でほとんどの人が視力を1.0以上に回復することができます。ただし極度の近眼の方や角膜の厚さなどによって手術自体ができないという方もいます。費用は手術方法などによって異なり、安いものでは10万円ほど、高いものでは40万円前後するものまであります。この手術方法は角膜に変化を与えるという仕組みであるのに対し、老眼は水晶体などの機能低下によって生じるものなので老眼は矯正できません。さらにまれにではあるものの、施術に失敗してしまうケースも生じています。しかし近年新たに老眼に対応したレーシック技術が開発されました。エキシマレーザーを用いて、角膜を遠近両用のコンタクトレンズのように変化させるという仕組みで老眼を治療します。このレーシック手術によって近眼も老眼も、中距離が見にくいというケースにも対応できるため人気が出始めています。こちらの費用は病院によっても異なりますが、30万円から50万円となっています。

老眼治療とリーディングアイ

レーシック手術は長きにわたる実績のある手術方法ですが、それとは別に最近急速に注目を集めている手術方法があります。それがリーディングアイです。リーディングアイとは、目の中に「カムラインレー」という小さくて黒いリングを挿入するという手術方法です。仕組みはとても簡単で、挿入されたカムラインレーの真ん中に開いた小さな穴によってピンホール効果が生まれ、焦点が合いやすくなり良く見えるようになります。テレホンカードなどに開いた穴を通して物を見ると焦点が合いやすくなる仕組みと同じです。老眼治療においてリーディングアイが注目されている理由の一つが非常に短時間で手術が終わるということです。一般的な老眼の方であれば手術時間は10分程度、もしくはそれ以下です。その後問題がなければ15分ほど休憩してすぐに家に帰ることができます。手術と聞くと入院やかなりの時間がかかるというイメージがありますが、30分程度ですべての工程が終了するので体への負担も少なくなります。年配の方にとっては手術自体がかなりの負担になることがありますが、この方法であれば疲れをあまり感じずに老眼治療ができるのです。ただし緑内障や白内障といった他の疾患があるという方の場合リーディングアイの手術が受けられない可能性もあります。さらにレーシックとリーディングアイの両方を行うという手術方法もあるので、自分の老眼の度合いによってどんな方法にするかを選べることでしょう。一般的なリーディングアイにかかる費用は30万円前後です。レーシックとリーディングアイを両方行う場合には30万円から40万円ほどの費用がかかります。さらに経過観察のために術後も数回は病院に行かなければならないことも覚えておきましょう。目にメスを入れるというのは怖いと感じる方もまだまだ多いと思いますが、仕組みをよく知っていれば意外と気軽に老眼治療を行えることでしょう。

まとめ

・レーシック手術とはエキシマレーザーで角膜を変化させる方法
・レーシック手術で行う老眼治療の価格帯は30万円から50万円
・リーディングアイとは目の中に小さくて黒いリングを挿入するという手術方法
・リーディングアイの手術時間は10分程度で、費用は30万円前後

老眼は年齢を重ねていけば必ず生じる現象です。もしあまり気にならない程度の老眼であればそのまま過ごすこともできますが、もし仕事などの理由で老眼治療が必要だと判断するならレーシック手術やリーディングアイなどの治療法を検討しましょう。現在では成功率も非常に高く、視力がさらに落ちてしまうかもしれないといった心配もほとんどありません。どのくらいの費用がかかるのか、どちらの仕組みの方が納得いくか、どのくらいの期間で回復できるのか、視力が戻ってしまう恐れはあるのかなどを総合的に判断して自分に合った方法を選ぶようにしましょう。

福岡で人気のレーシック眼科口コミランキング

クリニック一覧

レーシック手術の基礎知識

ICL手術の基礎知識

目の病気の基礎知識

レーシックを超えた次世代治療 Lext(レクスト)