老眼の症状や原因は?予防法は?老眼の不安に答える10の質問と回答

老眼の症状や原因は?予防法は?老眼の不安に答える10の質問と回答

若い方でもいずれは発症してしまう「老眼」ですが、視力が低下するため視界がぼやけて見えてしまいます。今までは健康的な視力だったのに、ある年齢になってから視力が低下している方は、すでに発症している可能性が高いでしょう。

とはいえ、老眼は年齢を重ねることで自然と発症してしまう症状で、目の病気ではないため特に気にしていないという方は多いでしょう。しかし、中には老眼に対する不安を抱えている方も多いといわれています。

そこで、今回は老眼とはどのような症状なのか、発症の原因や対策法などについてまとめてみました。老眼に関する全10の質問と回答をご紹介していきますので、健康的な目を維持したい方、またはすでに老眼の方で症状の進行を抑えたい方はぜひ参考にしてみてください。

目次

老眼の症状に関する3つの質問と回答

老眼の症状に関する3つの質問と回答

ここでは、老眼の症状に関する3つの質問と回答についてご紹介していきます。老眼=視力低下というのは誰もが知っていると思いますが、具体的にどのような症状が現れるのかを知っている方は少ないのではないでしょうか?

おそらくほとんどの方が「気づいたら老眼だった」というケースが多いため、どのような症状が現れるのかを知っておくと、すぐに対処することができるでしょう。それでは、症状に関するそれぞれの質問と回答について、一つひとつ見ていきましょう。

質問1:そもそも「老眼」ってどんな症状?

老眼の症状に関する質問の中には、「老眼の症状ってどんなもの?」というものが多かったです。現在は健康的な視力でも将来的な不安を抱えている方にとっては、老眼の症状に対して疑問と不安を抱えているのでしょう。

そもそも老眼というのは、年齢を重ねることで目のピント調整を行う「毛様体(もうようたい)」と呼ばれる筋肉の力が衰えてしまい、視力が低下という症状が現れます。若い方の場合は毛様体が正常に働くため、遠近関係なくきちんとピント調整をすることができます。

ですが、年齢によって毛様体が衰えてしまう正常にピント調整を行えなくなるため、少し離れた距離にあるものをハッキリとみることができなくなってしまいます。ちなみに、老眼になると手元から30cmほど離れたもののピントが合わせづらくなるため、新聞や雑誌の文字が見えづらくなったと感じたら老眼を発症しているの可能性が高いです。

質問2:症状が現れるのは何歳から?

質問2:症状が現れるのは何歳から?

年齢を重ねるごとに発症する老眼ですが、「症状の発症は何歳から?」という質問も多かったです。若い方の場合は老眼といえばお年寄りの方が発症しているイメージを持つ方が多いようですが、実は40代頃から発症するといわれています。

とはいえ、老眼を発症する年齢には個人差があるため、必ずしも40代になると発症するというわけではありません。ですが、45歳になると老眼の自覚症状が現れるといわれているため、現在40代の方は老眼に注意しておいた方がよいでしょう。

質問3:老眼の症状は悪化するの?

目の病気であれば放置することで症状を悪化させるになりますが、老眼は目の病気ではありません。しかし、視力が低下するといった症状が現れるため、「症状が悪化することはあるのか?」という疑問を抱えている方も少なくありません。

結論からいうと、ある程度の視力が低下すると、それ以上症状が悪化(進行)することはないといわれています。ですが、老眼を発症すると約3~4回は度数が変動するといわれています。

そのため、老眼鏡を使ってもピントが合わないと感じたときは、現状の視力に合った老眼鏡を使うことをおすすめします。というのも、度数の合わない老眼鏡を使い続けていると度数の変動を早めることになるため、少しでも視力低下を抑えるのであれば早い段階で老眼鏡のレンズを視力に合ったものに変えておきましょう。

老眼の原因に関する2つの質問と回答

ここでは、老眼の原因に関する2つの質問と回答についてまとめてみました。どんなものにも何かしらの原因があるからこそ症状が発症するため、不安を感じている方の多くは発症の原因を知っておきたいと考えているのではないでしょうか?

また、老眼の原因を知っていれば発症を遅らせることができるので、健康的な視力を保つことにも繋がるでしょう。それでは、老眼の原因に関するそれぞれの質問と回答について、一つひとつ見ていきましょう。

質問1:老眼になる主な原因には何がある?

原因に関する質問で特に多かったのは、「発症の主な原因とは何か?」というものでした。結論からいうと、老眼の主な原因は加齢といわれており、発症する年齢にバラつきはあっても誰もが必ず発症してしまうでしょう。

老化を止めることは当然ですが不可能ですし、だからといって老眼になっても眼鏡を使用しなければ度数の変動を早めることになってしまいます。ですが、毎日予防法を行うことで、発症を遅らせることができるといわれています。老眼の予防法については後程ご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

質問2:生活習慣と老眼は関係ある?

老眼の主な原因は加齢ですが、生活習慣も関係しているといわれています。というのも、生活習慣が乱れていると身体の機能が低下してしまうため、老眼の発症を早めてしまうといわれています。

また、食生活の乱れや日々のストレスなど、これらも老眼の発症に関係しているといわれています。さらに、これらは治療が必要になる目の病気の原因にもなる場合があります。目や視力はもちろんですが、体の健康も考えるなら規則正しい生活と食事を心掛けることをおすすめします。

老眼の予防法に関する5つの質問と回答

ここでは、老眼の予防法に関する5つの質問と回答についてまとめてみました。老眼は将来的に誰もが通る道なので、避けて通ることはできません。ですが、老眼の発症を遅らせるいくつかの予防法があるといわれています。

しかし、それらの予防法をきちんと把握している方が少ないため、さまざまな質問が上がっていました。それでは、老眼の予防法に関するそれぞれの質問と回答について、一つひとつ見ていきましょう。

質問1:老眼の予防でまずやるべきことは?

まず予防法に関する質問で多かったのは、積極的に行う予防についての質問が多かったです。老眼の予防でまずやるべきことは、ピントを調整する力を養うトレーニングです。近くと遠くにある景色や物を交互に見るだけの簡単な方法ですが、正常なピント調整力を高める効果が期待できます。

このトレーニングは場所を問わずどこでも行えるので、自宅はもちろん職場でも休憩時間を使って行えるでしょう。また、このトレーニングは毎日続けることで高い効果を期待できるため、ぜひ毎日の生活に取り入れてみてください。

質問2:目に良いサプリメントは老眼予防になる?

最近では目に良いとされているサプリメントが数多く販売されていますが、老眼予防にも効果があるのかと疑問に感じている方が多いようです。しかし、目に良いサプリメントには目の健康を保つのに効果的な成分が豊富に含まれています。そのため、毎日摂取することで目に十分な栄養を与えることができるので、老眼の予防効果を期待できるといわれています。

質問3:簡単にできる老眼予防には何があるの?

発症を予防するにあたって、「簡単にできる方法はあるの?」という質問がありました。上記でご紹介したトレーニングも簡単にできるおすすめの予防法ですが、より簡単な予防法を行うのであれば外出時にサングラスを使用するのも効果的です。

というのも、紫外線は目のピント調整機能を低下させる原因の1つなので、サングラスを着用することで目を守ることができます。とても簡単な対策法なので、毎日続けられるおすすめの対策法といえるでしょう。

質問4:目を休めるのは予防になる?

予防法に関する質問の中に、目を休めるのは予防になるのかという意見がありました。デスクワークをされている方やスマートフォンを使用時間が長い方は、適度に目を休めることで老眼の予防効果があります。

というのも、最近ではブルーライトのダメージによって発症する「スマホ老眼」という症状が話題となっています。さらに、このスマホ老眼は若い方に多いといわれているため、目を長時間使用する場合は適度に休息を取ることをおすすめします。

質問5:老眼鏡の度数は気にするべき?

上記でもご紹介しましたが、老眼鏡の度数が合わない状態で使い続けると、度数の変動によってより視力が低下してしまいます。そのため、使用している老眼鏡の度は気にしておいた方がよいでしょう。この予防法は老眼になり始めた方におすすめなので、自覚症状のある方はぜひ試してみてください。

40代になったら老眼に注意しよう!

老眼の発症には個人差がありますが、40代を超えた方に多いといわれています。また、老眼の発症は老化が原因なので、誰もが必ず発症してしまいます。ですが、日頃から老眼予防を行うことで発症を遅らせることができるため、もしかすると40代を超えても健康的な視力を保つことができるかもしれませんよ!若い方でもいずれは老眼になってしまうので、今のうちからご紹介した方法で老眼予防を実践してみてはいかがでしょうか?

福岡で人気のレーシック眼科口コミランキング

クリニック一覧

レーシック手術の基礎知識

ICL手術の基礎知識

目の病気の基礎知識

レーシックを超えた次世代治療 Lext(レクスト)