老眼も治る?!~老眼のためのレーシック手術~

老眼ってどんな症状?

老眼は老視ともいい、45歳残後から近くにあるものが見えにくくなってしまうもので、徐々に進行していき、60歳前後でその進行は止まります。

何故近くのものが見えなくなるかというと、それは近くにものにピントを合わせる調整力が衰えてしまうから。近くのものがよく見えるのは、目の中のレンズである水晶体の厚みを筋肉が収縮することによって調整しているからです。しかし、年齢を重ねてしまうことによってこの筋肉が衰えていき、また水晶自体もかたくなってしまうので徐々にピントを上手に合わせられなくなってしまいます。

目の調整力の単位は「ジオプター」といいますが、45歳前後は3ジオプターあったものが、60歳残後でほとんどゼロになってしまい、調整力自体失われます。

治療方法

老眼については実はさまざまな治療法があります。実際にそれぞれの目の状態を確認した上で適切なもの、ライフスライルにあったものを選ぶといいでしょう。

・モノビジョンレーシック
左右の目で見え方が変わるように仕上げるレーシックをモノビジョンレーシックといいます。たとえば、左は遠くがよく見え、右は近くがよく見えるようになり、はじめは慣れないようですが、徐々に近くも遠くもよく見えるようになります。

・マルチゾーンレーシック
遠視のみ対応ですが、遠近両用の効果があります。

・レインドロップ
角膜の中に透明で小さなレンズを入れることによって、近くのものを見やすくします。

・アキュフォーカスリング
角膜の中に黒い小さなリングを入れることによって、近くのものを見やすくします。

福岡で人気のレーシック眼科口コミランキング

クリニック一覧

レーシック手術の基礎知識

ICL手術の基礎知識

目の病気の基礎知識

レーシックを超えた次世代治療 Lext(レクスト)