飛蚊症の症状は?網膜剥離と見え方の違いは?

飛蚊症の症状は?網膜剥離と見え方の違いは?

みなさんは「飛蚊症」というものを知っていますか?明るい場所にいるときや空を見上げると、小さな影がフワフワと浮いているような見え方をするのが特徴的で、誰でも経験している症状でしょう。

主に中高年の方に表れる症状だといわれていますが、若い方でも見える場合があります。そんな飛蚊症ですが、この症状による代表的な目の病気が「網膜剥離」ということはご存知ですか?似たような症状なので見逃してしまいがちな目の病気ですが、何か見え方に違いはないのでしょうか?

今回は、飛蚊症の症状をはじめ、網膜剥離と見え方の違いについてまとめてみました。年齢を重ねるごとに体のさまざまな部分が衰えてくるので、中高年の方で視界に違和感があるという方は、ぜひこちらの記事を参考にしてみてください。

飛蚊症の症状ってどんなもの?

飛蚊症の症状ってどんなもの?

まずは飛蚊症について、具体的な症状や原因などをご紹介していきます。何となくどんな症状なのかは知っている方は多いと思いますが、あまり気にしていないという方が多いようです。そのため、どのようなことが原因で現れる症状なのかを知っている方は、おそらく少ないといえるでしょう。

また、原因には大きく分けて2種類があり、そのうちの1つは何らかの目の病気を発症している初期症状だといわれています。それでは、具体的な症状や原因について見ていきましょう。

視界の中に小さくて黒い影が見える

誰もが経験したことのある飛蚊症ですが、黒い点や糸状の影が視界に表れ、目を動かしてもこすってもしばらくは見え続けるのが特徴的な症状です。そして、症状が現れるときは必ず明るい場所だといわれていて、白い壁紙の部屋や青空を眺めたときに小さな影が見えることがあります。

人によっては蚊や髪の毛に見えることもあるようですが、基本的にはどんな方にも同じ症状が現れます。ですが、気が付くと見えなくなりますし、他にも目に異常が現れるというわけでもないので、眼科を受診する方は少ないといわれています。

原因が生理的なものであれば問題ない

小さな影が見える原因が生理的なものだった場合は、目に病気があるというわけではないため、治療が必要になることはありません。ちなみに生理的な飛蚊症の原因ですが、年齢と共に変化した硝子体にシワができてしまい、それが影のように見えてしまうのだといわれています。

また、同じく年齢によって硝子体が縮んでしまい、目の奥の方が網膜から剥がれる場合も影となって見えることがあるそうです。ですが、しばらくすれば影も消えて普段通りの視界に戻りますし、頻発して症状が表れなければ特に問題はないでしょう。

目の病気が原因の場合は治療が必要

飛蚊症だと思っている方の中には、実は何らかの目の病気が原因だという場合があります。同じような症状で代表的な病気に「網膜剥離(もうまくはくり)」という目の病気があり、視界に影が映るのは初期症状だといわれています。

そのため、よく点や糸状の影が見えているという方は、病気の前兆を感じているのかも知れないので、早めに眼科を受診するよう勧められています。放置してしまうと症状が悪化してしまうため、異常を感じた場合は必ず医師に相談してみましょう。

網膜剥離ってどんな病気?原因は?

目の病気にはさまざまなものがありますが、網膜剥離とはいったいどのような目の病気なのでしょうか?網膜剥離とは、文字通り眼球の中にある網膜が剥がれてしまう病気のことで、徐々に視力が低下してしまいます。

よく目をカメラで例えられていますが、網膜はフィルムの役目を持つ器官となっていて、目で見たものをはっきりと認識するための重要な働きをしています。そのため、影が見えたり視力が悪かったりといった症状に気づいた場合は、早急に眼科を受診することをおすすめします。

ちなみに、網膜剥離は痛みを伴わない目の病気なので、自分ではなかなか気が付かないという方が多いようです。また、症状が悪化して網膜が黄斑まで剥がれてしまうと、最悪の場合は失明してしまう怖い病気なので十分な注意が必要です。

網膜剥離と比べて見え方に違いがあるの?

飛蚊症は網膜剥離の初期症状でもあるとお伝えしましたが、視界の見え方には何か違いがあるのでしょうか?全く同じであれば見分けがつかず、病院を受診するという自己判断が難しくなります。ですが、違いがあるのであれば網膜剥離の可能性を疑うことができるので、目に病気がある・ないに関わらず知っておきたいですよね!

調べてみたところ、視界に映る影に加えて、他の症状が現れることがわかりました。では、一般的な飛蚊症と網膜剥離ではどういった見え方の違いがあるのか、3つのポイントにまとめてみたので一つひとつ見ていきましょう。

初期段階であれば小さな影や閃光が視界に映る

網膜剥離の症状が初期段階であれば、視界に小さな点や糸状の影が見えだけでなく、閃光が見えるといった「光視症(こうししょう)」の症状が現れます。網膜が硝子体をひっぱることで刺激を与えてしまい、それが光だと認識されることで閃光が見えるのだといわれています。

初期段階の時点で見え方に違いがあるので、もし小さな影に加えて閃光が見えるようであれば、網膜剥離を疑った方が良いかもしれません。痛みがないので自己判断で大丈夫だと決めつけてしまう方がいるようですが、放置すれば取返しのつかないことにもなり兼ねないので、早急に眼科を受診して適切な検査と治療を受けましょう。

人によっては何の症状も現れないことも

上記では見え方に違いがあるとお伝えしましたが、網膜剥離を患っている方の全てが同じ症状を発症するわけではないようです。というのも、人によっては何の症状も現れないため、初期段階であっても自分で気づくことができないそうです。

ですが、網膜剥離の場合は視力の低下も症状の1つとなっているので、突然視力が低下するようなことがあった場合は、すぐに眼科を受診することをおすすめします。この場合は既に症状が進行していることが考えられるので、できるだけ早急の検査・治療を受けましょう。

症状が悪化すると視界の一部が欠けてしまう

症状が悪化してしまうと見え方が大きく変わり、視界の一部が欠けて見えるようになります。視界に黒い大きな影が映ったような見え方をするため、「それならすぐに気がつくだろう」と考える方は多いでしょう。

しかし、片目の視界不良はもう片方の目が補おうとするため、なかなか自分では気がつかないといわれています。ですが、片目ずつで見てみるとその異常に気づくことができるので、視界に何らかの違和感があるとい方は、片目で視界の確認を行ってみてください。

網膜剥離を治療法は?事前に予防する方法はあるの?

網膜剥離を治療法は?事前に予防する方法はあるの?

最悪の場合は失明するかもしれないという網膜剥離ですが、眼科ではどういった治療が行われるのでしょうか?また、事前に予防する方法はあるのでしょうか?ここでは、網膜剥離の治療法や病気の予防方法についてまとめてみたので、ぜひ参考にしてみてください。

裂け目ができた状態ならレーザー治療で改善できる

まず初めに眼底検査が行われるのですが、検査結果で網膜に裂け目ができている状態であれば、レーザー治療によって治すことができます。ちなみに、網膜に裂け目が入った状態は「網膜裂傷(もうまくれっしょう)」という目の病気で、網膜剥離になる前の状態だそうです。

裂け目部分にレーザーを照射することで傷を塞ぎ、網膜を剥がれにくくすることができます。ちょっとした治療ですぐに治すことができるので、早期発見ができれば治療による負担を軽減させることができるでしょう。

網膜が剥がれていれば手術で元の位置へと固定する

眼底検査の結果が網膜剥離だった場合は、剥がれた網膜を元の位置へと戻す手術を受けることになります。手術の方法には硝子体から網膜を切り離す「硝子体手術」、剥がれた網膜と眼球内の壁の隙間を埋める「胸膜内陥手術」の2つの方法があります。

症状の具合によって手術方法が異なるため、きちんと検査を受けることで医師の方から具体的な治療の説明を受けることができます。また、術後は1~3ヶ月は安静にする必要があるため、目を使うような仕事や激しい運動には制限されます。確実に完治させるためにも、術後は医師の指示にしたがって行動するようにしましょう。

目に異常を感じたらすぐに検査を受ける

確実な予防法としては、目に異常を感じた時点で眼科を受診して、眼底検査を受けることです。確かな知識を持った医師に確認してもらえば間違いありませんし、問題がなければ安心することができます。また、病気の早期発見にも繋がるので、確実に予防するのであれば眼科にて診察・検査を受けることをおすすめします。

飛蚊症と網膜剥離は見え方に違いがある!

網膜剥離の代表的な症状は飛蚊症だといわれていますが、他にも光視症や視界が欠けて見えるといった症状が現れます。ただの飛蚊症と比べて見え方に大きな違いがあるので、注意していれば自分で気づくことができるかもしれませんよ!それぞれの具体的な症状や見え方の違いについて知っておきたい方は、ぜひ参考にして健康な目を維持してみてください。

福岡で人気のレーシック眼科口コミランキング

クリニック一覧

レーシック手術の基礎知識

ICL手術の基礎知識

目の病気の基礎知識

レーシックを超えた次世代治療 Lext(レクスト)